初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.1.15

スキューバダイビングするなら沖縄の冬がアツい!その理由と魅力とは!?

スキューバダイビング初心者には、実は「沖縄の冬の海がおすすめ」なんです!沖縄を楽しめるのは夏だけじゃない!今回は沖縄の冬の海の魅力をご紹介します!
photo by hostsh

photo by hostsh

「スキューバダイビングで沖縄」と言えば夏の風物詩のようなイメージがありますが、実はダイビングのおすすめは「沖縄の冬」というのをご存知でしたか?今回はスキューバダイビングをするなら沖縄の冬がおすすめの理由と、その魅力をご紹介します。

スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめ理由1:空いている

スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめの理由の1つ目は、なんと言っても「空いている」ということです。夏の繁忙期に比べたら3分の1ほどに減ります。この時期はインストラクターやガイドを独り占めし、マンツーマンののんびりダイビングも可能です。

もしかしたら海の中も独り占めかもしれません!ダイバーの数が少ない海の中は透明度が良く、魚影も濃く、スキューバダイビングをより楽しめること間違いなしです!

スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめ理由2:水温

photo by yuki624

photo by yuki624


スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめの理由2つ目は「水温」です。沖縄にも冬はありますが、気温は本州のように低くならず、水温はもっと暖かい温度を保っています。

沖縄の水温は年間通して20度を下回ることがほとんどありません(特殊な環境の内湾は下回ることもあります)。冬の水温はだいたい21〜22度と言われており、ウェットスーツを着ていれば全く問題のない温度です。

ちなみに本州でスキューバダイビングができる伊豆の冬の水温は13〜15度で、ドライスーツが必須アイテムになっています。

スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめ理由3:冬ならではの生き物

スキューバダイビングに沖縄の冬がおすすめの理由3つ目は「冬ならではの生き物」です。

冬ならではの生き物は、沖縄の冬の海の大きな魅力の1つ!そして海の中の生き物が「生(なま)」で「間近」に見られるのはダイビングの醍醐味の1つ!そうなれば沖縄の冬にダイビングしない手はありません!

それでは冬に見られる生き物たちを6つご紹介します。

沖縄の冬の海の生き物1:ザトウクジラ


沖縄の冬の海の生き物と言えば「ザトウクジラ」です。12月に入り水温が下がり始めると、沖縄周辺に子育てのためにやってきます。

ホエールウォッチングに参加するか、ダイビングサイトへの移動中にボートからその姿を見るのが主流ですが、運が良ければダイビング中に姿を見られたり、クジラの鳴き声が聞けたりするかもしれません。

沖縄の冬の海の生き物2:マダラトビエイ

photo by john norton

photo by john norton

沖縄の冬の生き物2つ目は「マダラトビエイ」です。沖縄本島周辺で冬に遭遇率が上がるマダラトビエイの英語名は「Eagle Ray(イーグル・レイ)」。その名の通り「鷲(eagle)」のように悠々と海中を切って飛んでいく姿は見事です。

沖縄の冬の海の生き物3:マンタ

photo by Andy

photo by Andy

沖縄の冬の海の生き物3つ目は「マンタ」です。マダラトビエイと同じくエイの一種ですがはるかに大きく、世界最大のエイと言われています。沖縄離島での遭遇率が高く、石垣島には「マンタスクランブル」というダイビングスポットがあるほどです。

沖縄の冬の海の生き物4:ハンマーヘッドシャーク


沖縄の冬の海の生き物4つ目は「ハンマーヘッドシャーク」です。「怖い」というイメージが強いサメですが、海のマナーを守ってダイビングしていれば危険なことはなく、逆にその雄大で美しい姿に感動します。冬の与那国島ではかなりの確率で遭遇でき、時には100匹を超える大群で出迎えてくれることもあります。

沖縄の冬の海の生き物5:コブシメ

photo by ggungpa0

photo by ggungpa0

沖縄の冬の海の生き物5つ目は「コブシメ」です。甲イカの一種で知能が高く、人間とコミュニケーションをとったという逸話もある生き物です。年間通してその姿は見られますが、冬は交接や産卵の場に遭遇することがあります。

沖縄の冬の海の生き物6:ウミウシ

photo by なお

photo by なお

沖縄の冬の海の生き物6つ目は「ウミウシ」です。未だその生態に謎が多いウミウシは海の中の小さな生き物で、沖縄には数百種いると言われています。ピークと言われるのは3〜4月ですが、種類によって出始める時期が異なるので、冬の間も多種見つけることができます。

沖縄の冬の海の魅力は空いていて、水温が低くなく、その時期ならではの生き物が見られること!いかがですか?沖縄の冬の海を覗きたくなりませんか?

実は、スキューバダイビング初心者に沖縄の冬はおすすめなんです!インストラクターとマンツーマンで、焦ることなく自分のペースで、のんびりゆっくり海の虜になってきてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、初心者が1人でも安心して参加できるスキューバダイビングのツアーを紹介しています。スキューバダイビングを始めるきっかけにぜひご利用ください。

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。 小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび