初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.4.8

沖縄スキューバダイビングのおすすめはこれだ!初心者向けスポットまとめ

沖縄のスキューバダイビングにはおすすめだらけ!その中から、初心者向きのおすすめスキューバダイビング・スポットだけをピックアップ!どんなスキューバダイビング・スポットが初心者向けかもご説明します!

「沖縄のスキューバダイビング」をインターネット検索すると、たくさんの「おすすめ」が出てきます。「おすすめ」なのは確かですが、自分にぴったりの「おすすめ」はどれなのか、迷うことはありませんか?

そこで今日は、初心者向きのおすすめスキューバダイビング・スポットとはどんなところなのか説明しつつ、具体的な沖縄ダイビング・スポットもご紹介していきます!少し専門的な話も出てきますが、ついてきてくださいね!

スキューバダイビングの初心者におすすめスポットとは?

初心者でもゆっくり楽しめるスキューバダイビング・スポットの条件には、①エントリーしやすい(海に入りやすい)、②深くなり過ぎない、③穏やかな海、④透明度が良いところ、の4つが挙げられます。

初心者におすすめ①:エントリーしやすい

スキューバダイビングのエントリー(海に入ること)は、ビーチからとボートからの2種類があります。

■ビーチ・エントリー■

スキューバダイビングのすべての器材を身につけて、ビーチから歩いて海に入ります。なだらかな斜面を利用して少しずつ深い方へ進んでいけるので、初心者でも海に慣れやすくおすすめのエントリーです。

ビーチでも岩がゴツゴツの場所や、波が高い時はエントリーが難しく、初心者向けではありません。

■ボート・エントリー■

海に出てからボート上で器材を身につけ、スキューバダイビングを始める方法です。波が穏やかであればボートが揺れず、エントリー後も水面でのんびり漂っていられるので、初心者でも問題ありません。

初心者におすすめ②:深くなり過ぎない

初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「深くなり過ぎない」場所。適度な深さでたくさんの生き物が見られるスポットは、海底に沿って進んでいけるので、深度をあまり気にせず楽しむことができます。

「どうして深度を気にしなくてはならないのか?」については、スキューバダイビング・ライセンス取得コースで学べるのでここでは割愛します。

参考記事:スキューバダイビングで潜れる深さは?深さによって変わる海をご紹介!

初心者におすすめ③:穏やかな海

初心者におすすめの「穏やかな海」とは、潮の流れがあまりなく、波もない(小さい)スキューバダイビング・スポットのことです。

例えば、沖縄で人気の「青の洞窟」がある真栄田岬は初心者向けのスキューバダイビング・スポットですが、北風が強い時には波が荒くなり、初心者向けではなくなります。南風の時は問題なし。逆に他のスポットでダイビングが難しいため、真栄田岬が大勢のダイバーで賑わうこともあります。

初心者におすすめ④:透明度が良いところ

「透明度が良い」スキューバダイビング・スポットは、初心者に限らず上級者にもうれしいポイント!透明度が悪くてもそれなりの楽しみ方があるのですが、透き通った水は遠くまで見られ、さまざまな生き物を見つけやすく、楽しさ倍増です!

沖縄の海は年間通して透明度が高いのが誇り!いつでも初心者向けと言えます!

沖縄本島のダイビング・スポットで初心者へのおすすめは?

初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットの条件がわかったところで、沖縄の海の話に移りましょう!

まずは沖縄本島から。沖縄本島はアクセスが便利という点と、ビーチ・エントリーができるポイントが多いという点で、初心者におすすめのスキューバダイビング・ツアーが多数組まれています。

沖縄本島のダイビングおすすめスポット1:瀬底島「ペイ」

沖縄本島北部にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは、瀬底(せそこ)島の北にある「ペイ」です。水が濁りやすい海域でありながらなぜかいつも透明度が高く、サンゴがきれいに広がるのが特徴で、のんびりダイビングで大人気のスポットです。

沖縄本島のダイビングおすすめスポット2:恩納ポイント

#ダイビング #diving #沖縄 #okinawa #恩納村 #海中洞窟

A photo posted by Takayoshi Toda Photo (@takayoshitoda) on

沖縄本島中部にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは、恩納(おんな)村にある「恩納ポイント」です。ビーチ・エントリーができ、浅めのスポットにも関わらず迷路のようなクレバス(割れ目)を楽しめます。

沖縄本島のダイビングおすすめスポット3:大度海岸

沖縄本島南部にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは、糸満(いとまん)市にある「大度海岸(別名:ジョン万ビーチ)」です。水深3mの砂地でゆっくりフィッシュ・ウォッチングが楽しめます。ウミガメの産卵地としても有名です。

沖縄本島発のダイビングおすすめスポット4:儀名

沖縄本島からスキューバダイビング・ツアーが頻繁に出ている慶良間(けらま)諸島。その島の1つ阿嘉(あか)島の「儀名(ぎな)」が初心者におすすめのダイビング・スポットです。2種類のウミガメ「アオウミガメ(写真上)」と「タイマイ(写真下)」との遭遇率が高いことで知られています。この2種類を見分けるポイントは「くちばし」の有無です!

沖縄の離島でのダイビング・スポットで初心者へのおすすめは?

次は沖縄の離島にあるスキューバダイビング・スポットです。数ある沖縄の離島は「周囲全てがダイビング・エリア」と言えるほどの美しい海に囲まれています。その中から初心者にもおすすめの5つのダイビング・スポットを紹介します。

その他の初心(級)者向けスキューバダイビング・スポットについてはこちらをどうぞ!

参考記事:沖縄スキューバダイビング・ツアーの魅力!本島から離島まで一挙大公開!

沖縄離島のダイビングおすすめスポット1:ののと

photo by Steve Childs

photo by Steve Childs

沖縄県最北端の有人島伊平屋(いへや)島にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「ののと」。夕暮れ時にしか姿を見せない「ニシキテグリ」が観察できます。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット2:ムーチーグー

沖縄本島の西側、久米島にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「ムーチーグー」です。真っ白な砂地に6つの根(海底の岩礁)があり、小さい生き物好きに人気のスポットです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット3:ハナダイの根

沖縄・宮古列島の島の1つ伊良部島にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「ハナダイの根」。色とりどりの「ハナゴイ」が無数に群れ、とても華やかなスポットです。小さいレア物が見られる可能性もあります!

沖縄離島のダイビングおすすめスポット4:底地沖パラダイス

沖縄本島、西表島に次いで3番目に大きい石垣島。そこにある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「底地沖パラダイス」です。辺り一面サンゴが広がり、光が射すと龍宮城のよう!ソフトコーラル(柔らかいサンゴ)の花畑も見ものです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット5:六畳ビーチ

日本最西端の島与那国島にある初心者におすすめのスキューバダイビング・スポットは「六畳ビーチ」。テレビドラマ「Dr.コトー診療所」の特番に登場したらしいこのビーチ沖は、多種のサンゴの根が白い砂地に広がり、リラックス・モードのダイビングが楽しめるスポットです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット6:砂辺 NO.1

太陽も入り穏やかで絶好の講習日和でした!(*^▽^*)

Posted by 河嶋 裕子 on 2016年1月17日

那覇市内から車で40分ほど北上したところにあるのが北谷町。その近くにある宮城海岸の「砂辺No.1」は、体験ダイビング、ライセンス講習での利用者も多いため、初心者にもおすすめできるダイビングスポットです。

別名お花畑とも呼ばれ、ピンクや黄色のソフトコーラルが海底に広がる景色は見ものです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット7:川平石崎マンタスクランブル

photo by RAY

photo by RAY

石垣島の観光客の中でもトップの人気を誇る川平湾は、日本百景にも認定されるほど美しい景観を持っています。

海中の景観も素晴らしく、5月から11月にかけては、世界でも屈指の高確率でマンタと会うことのできるスポット「川平石崎マンタスクランブル」でのダイビングが人気です。最大でも15メートルほどの水深のため初心者でも安心して潜ることができますよ。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット8:アリガー

photo by 鳥蔵

photo by 鳥蔵

「アリガー」では日本で確認されているうちの6割にも及ぶサンゴ礁を見ることができ、初心者から上級者まで楽しむことのできるダイビングスポットとして有名です。

上級者でないと潜るのが難しいスポットもありますが、初心者でも楽しむことのできる絶景があり様々なダイバーにおすすめできるスポットです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット9:ナカユクイ

Nanahoさん(@nanaho_)が投稿した写真

「ナカユクイ」は恩納エリアにあるダイビングスポットです。琉球の言葉で「癒し」を意味するように、海底に広がる空間はまさに心に安らぎをもたらしてくれることでしょう。

ニモで知られる熱帯魚や、ウミガメと遭遇すれば一緒に泳ぐこともできます。流れもかなり穏やかなので初心者にはうってつけですよ!

沖縄離島のダイビングおすすめスポット10:リトルサンドパラダイス

石垣島からボートに乗って20分ほどの所にダイビングスポット「リトルサンドパラダイス」はあります。沖縄のダイビングスポットでも屈指の人気を誇るこのスポットでは、熱帯魚、サンゴを始めとにかく多種にわたる生物がいることがその要因の1つになっています。

水深も浅めで流れも穏やかなので是非とも初心者の方には楽しんでもらいたいスポットの1つです。

沖縄離島のダイビングおすすめスポット11:青の洞窟

photo by 鈴木雅博

photo by 鈴木雅博

那覇市内から1時間ほどで行くことのできる真栄田岬。そこには長い年月を経て自然が作りだした天然洞窟があります。「青の洞窟」と呼ばれるダイビングスポットでは、太陽が差し込み光り輝く青の世界の中に溶け込むようにして潜っていく幻想的なダイビングが人気です。

ライセンスなしで体験ダイビングを経験できるツアーも多いので、体験してみてはいかがでしょうか?

沖縄のスキューバダイビング・ショップで初心者へのおすすめは?

photo by あらP

photo by あらP

沖縄での初心者向きのスキューバダイビングについて紹介してきた締めに、ショップの選び方についてご紹介します。

ダイビング・ショップを選ぶ時は「相性」が大切です。直接ショップに問い合わせてみて「大丈夫」と思えたところに参加することをおすすめします。不安が残るショップはおすすめできません。

予約サイトを使って複数のショップを見比べてみるのも1つの手です。

例えば、アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」は、初心者が新しいアクティビティを気軽に始められるお手伝いをメインに考え情報提供しています。スキューバダイビングを知らない人にもおすすめできるショップを紹介しているので、是非参考にしてください。

(編集部注*2015年11月24日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。 小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび