初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.1.17

子供と一緒に行きたい!日光観光スポット5選

東京から日帰りで行ける観光地・日光で子供と一緒に遊べるスポットを5つご紹介します。小さなお子様をお持ちのお父さん・お母さん、お孫さんと遊びたいおじいちゃん・おばあちゃんは特に必見です。
photo by日光江戸村 | Flickr - Photo Sharing!

photo by miz flat

東京から電車で2時間ほどにある観光地・日光。日光東照宮といった大人が楽しむような観光スポットが有名ですが、子供も一緒に楽しめる観光スポットも負けてはいません。

そこで、今回はファミリーで楽しめる日光の観光スポットを5つご紹介します。小さなお子さまをお持ちのお父さん・お母さん、お孫さんと遊びたいおじいちゃん・おばあちゃんは特に必見です!

1.大笹牧場

photo by大笹牧場 | Flickr - Photo Sharing!

photo by Kohei Fujii

大笹牧場は日光国立公園内の標高1,030m~1,320mにあり、関東平野を望むことのできるのどかな牧場です。

こちらの牧場ではアイスクリームやバターづくりの体験ができ、その場で自分がつくったものを食べることができます。また、こやぎやひつじたちとのふれあい体験広場や、キャンプ場があるので一日めいっぱい遊ぶことができます。

都会を離れて家族でのんびり癒されるのにはピッタリのスポットです。

■ 基本情報
・名称:日光霧降高原 大笹牧場
・住所:日光市瀬尾字大笹原3405
・アクセス:東武バス大笹牧場下車
・営業時間:8:45~16:45
・電話番号:0288-97-1116

2.明智平ロープウェイ

photo by明智平ロープウェイ - Wikipedia

photo by Wikipedia

次は空中散歩のご案内。明智平は東武日光駅からバスで30分ほど、第2いろは坂の終点近くにあります。明智平ロープウェイは明智平駅から展望台駅まで約3分ほど、中禅寺湖や華厳の滝など雄大な景色を空中から眺めることができます。

明智平駅は駅舎とレストハウスが一緒になっているので食事や休憩はもちろん、日光銘菓のお土産屋もあるのでショッピングを楽しむことができます。

おすすめはやはり紅葉の季節です。中禅寺湖・華厳の滝と赤い木々のコントラストをお楽しみください。

■ 基本情報
・名称:明智平ロープウェイ
・住所:日光市細尾深沢
・アクセス:東武バス明智平バス停下車すぐ
・営業時間:9:00~16:00
・定休日:3/1~15
・電話番号:0288-55-0331
・料金:大人400円(片道)/子供200円(片道)

3.日光江戸村

photo by「日光江戸村」 Edo Wonderland Entrance | Flickr - Photo Sharing!

photo by scion_cho

江戸時代にタイムスリップしてみる……というのもいかがでしょうか?日光江戸村は江戸時代を再現した歴史テーマーパークで、宿場町や芝居小屋など江戸時代の建物や風景がそっくりに再現されています。

ここ日光江戸村ではお子様向けの体験として江戸職業体験が、大人向けの体験として大人忍者体験があり、大人もこどもも楽しめるテーマパークになっています。

江戸人になったつもりでお子様と一緒にはしゃいではどうでしょう。有名なにゃんまげに会えるかもしれませんよ?

■ 基本情報
・名称:日光江戸村
・住所:日光市柄倉470-2
・アクセス:東武日光線鬼怒川温泉から路線バスで15分
・営業時間:9:00~17:00(3月20日~11月30日)
・定休日:毎週水曜日
・電話番号:0288-77-1777
・料金:大人2820円/子供1440円

4.日光さる軍団


日光さる軍団はその名のとおり、猿のパフォーマンスが楽しめるテーマパークです。2013年までは「日光猿軍団」として運営していましたが、この度「日光さる軍団」として新たにグランドオープンしました。

1日3回(土日祝は4回)の公演はもちろん、おさるさんの自然な姿を見ることができる猿山や実際におさるさんとふれあうことができる体験もあり、見所が満載です。

かわいいおさるさんのパフォーマンスは必見です!

■ 基本情報
・名称:日光さる軍団
・住所:日光市柄倉763
・アクセス:東武日光線新高徳駅から徒歩20分
・電話番号:0288-70-1288
・料金:大人2000円/小人1000円

5.東武ワールドスクウェア

photo by東武ワールドスクウェア - Wikipedia

photo by Wikipedia

最後にミニチュア・世界旅行をご紹介!東武ワールドスクウェアは世界各国の建造物や遺跡を再現したミニチュアテーマパークです。

日本に関する展示物は日本ゾーンと現代日本ゾーンの2つに分かれており、さらにアジアゾーンやアメリカゾーンなど世界各地の展示物がミニチュアサイズで広がっています。

小さい子供から楽しめるガイドツアーやイルミネーションなど、さまざまなイベントがあります。ガリバー旅行の気分で楽しんでください。

■ 基本情報
・名称:東武ワールドスクウェア
・住所:日光市鬼怒川温泉大原209-1
・アクセス:東武線鬼怒川温泉駅からバスで5分
・営業時間:9:00~17:00(3月20日~11月30日)
・電話番号:0288-77-1055
・料金:大人2500円/小人1200円

最後に

photo byかの有名な「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿 - 写真共有サイト「フォト蔵」

photo by けろにあ

いかがでしたか?今回ご紹介したものはほんの一部で、日光には子供から大人まで楽しめるスポットがまだまだたくさんあります。日光・中禅寺湖ではアクティビティツアーも開催されていますので、是非そちらも参考にしてくださいね。

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

川並 園実

そのみ

北関東育ちの理系ライター。自然が好きで、都内の大きな公園によく出かけます。目標は「記事をみて出かけたくなった」といわれるような記事を書くこと。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび