初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.10.4

秋こそ行きたい!日光の観光スポット15選

気軽に出かけられ、パワースポットとしても注目されている日光♪秋の彩りを楽しめるスポットをご紹介させていただきます!

朝晩涼しくなってきましたね。寒暖差でちょっと風邪気味・・・なんて方も多いのでは?でも秋は楽しみの多い季節♪紅葉においしいもの、温泉に行くにもいいですよね。

都心から近くて、紅葉もすばらしく、おいしいものもたくさんあって、温泉もあるところと言えば・・・そう、日光!!

日光は日本が誇る歴史的建造物が残り、各国大使館の別荘も立ち並ぶ古くからの観光地です。今回は、そんな日光で秋にぴったりの観光スポットをいくつかご紹介させていただきます!

日光へのアクセス

「日光を見ずして結構と言うなかれ」という格言がある程の景勝地や文化遺産のある日光。1999年には「日光の社寺」が世界遺産に登録されたこともあり、日本人のみならず外国人観光客にも大変人気のスポットとなっています。

都心から日光までは東北自動車道・日光宇都宮道路を利用すると2時間程。電車を利用の際は東京駅から東北新幹線、新宿駅・浅草駅から特急を使って1時間半~2時間程です。本数が多いのは浅草駅からの東武鉄道で特急だけでも毎日20往復程あるようです。乗り換えなどが必要な場合もありますので、時刻表を確認していってくださいね。

1.日光東照宮

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

日光と言えばまずは日光東照宮!日光二荒山神社・日光山輪王寺とともに「日光の社寺」としてユネスコの世界遺産に登録されています。もともとは徳川家康を祀ったお寺ですが、その豪華な社殿や門・施された彫刻が世界中から評価されています。

また、山にあるお寺ですので11月上旬からは紅葉も楽しめます。昨年、徳川家康の没後400年忌となる四百年式年大祭のためいろいろな行事が行われ、新しい宝物館も完成しました。野村萬斎の能や市川海老蔵の歌舞伎、横綱白鵬の土俵入りなどさまざまな記念公演もあるようです。

■ 基本情報
・名称:日光東照宮
・住所:栃木県日光市山内2301
・アクセス:JR・東武日光駅より徒歩約30分
・拝観時間:【4~10月】8:00~17:00、【11~3月】8:00~16:00
・料金:大人1,300円 小中学生450円

2.日光二荒山神社

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

世界遺産の中核をなす「二社一寺」のひとつである日光二荒山(ふたらさん)神社。3400ヘクタールの広大な敷地には華厳の滝やいろは坂も含まれ、古来より山に籠って修行する修験道の霊場として大切にされています。

また、国宝指定の刀剣をはじめ多数の刀剣等の重要文化財を所蔵していることでも有名です。

■ 基本情報
・名称:日光二荒山神社
・住所:栃木県日光市山内2307
・アクセス:JR・東武日光駅より徒歩約15分
・営業時間:【4月~10月】8:00~17:00、【11月~3月】8:00~16:00
・拝観料:200円(本社神苑入園料)
・電話番号:0288-54-0535

3.ライトアップ日光2016

昼間とは違う二社一寺を楽しんでみませんか?

11月11日~13日の3日間、日光東照宮・日光二荒山神社・日光山輪王寺がライトアップされるんです!!昼間とは異なる幻想的な風景は一見の価値あり!ツアーもあるようなので、見どころを教えていただきつつ鑑賞するのもよさそうですね♪

日光はもう最低気温が10℃以下の日もあるので、暖かい服装でおでかけください!

■ 基本情報
・名称:ライトアップ日光2016
・会場:日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺
・アクセス:JR・東武日光駅より徒歩約20分
・開催日:2016年11月11日(金)~13日(日)
・開催時間:18:00~21:00
・電話番号:0288-50-1171(ライトアップ日光実行委員会)

4.華厳の滝

photo by まちゃー

photo by まちゃー

日本三大瀑布(ばくふ)のひとつである華厳の滝。落差はなんと97mもあり、水しぶきをあげて落ちるさまは圧巻です!エレベーターで下に行くことができますので、タイミングが良ければ滝壺に虹がかかっているところも見られるかも♪

もちろん周りの紅葉も美しいですが、冬が近づくと部分的に滝が凍ることもあるそう。自然の偉大さを存分に感じられる人気スポットです♪

■ 基本情報
・名称:華厳の滝
・住所:栃木県日光市中宮祠2479-2
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス日光→「中禅寺温泉駅」下車→徒歩5分
・エレベーター料金:大人往復550円 小児往復330円

5.日光いろは坂

photo by Yoshi

photo by Yoshi

第一いろは坂と第二いろは坂を合計すると48箇所のカーブが有り、カーブごとに「い」「ろ」「は」の文字が順番に看板で設置されているいろは坂。秋にはドライブしながら紅葉を楽しめます。

秋には紅葉を楽しみながらのドライブを求めて大渋滞ができるほどの人気道路。頂上と麓で標高が違うので、違った紅葉を一度に楽しむことができるのもおすすめできるポイントです。

■基本情報
・名称:いろは坂
・住所:栃木県日光市
・電話番号:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)

6.明智平ロープウェイ

photo by nishikun

photo by nishikun

いろは坂の途中にある明智平からはロープウェイがあり、明智平駅と展望台駅を結んでいます。展望台からは同じく紅葉スポットである華厳の滝、中禅寺湖などを見渡すことが出来ます。

大迫力の大パノラマで紅葉を一望できる紅葉の一大名スポットです!

■基本情報
・名称:明智平ロープウェイ
・住所:栃木県日光市細尾町深沢709-5
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車約40分、「明智平」バス停下車すぐ
・電話番号:0288-55-0331
・営業時間:9:00~16:00
・定休日: 無休(3月1~15日は点検のため休止)
・往復料金:大人730円、小人370円

7.竜頭の滝

photo by Yoshi

photo by Yoshi

竜頭(りゅうず)の滝は長さ210mの斜面を流れる水が二又に分かれてダイナミックに流れ落ちる、日光を代表する大滝です。二枝に分かれた滝が竜の頭のように見えることからその名がつけられました。

春にはツツジ、夏には新緑と楽しめますが何と言っても秋の紅葉が抜群に美しいため、シーズン中には多くの観光客で賑わいます。

■基本情報
・名称:竜頭の滝
・住所:栃木県日光市中宮祠
・アクセス:東武日光駅から東武バス日光で「竜頭の滝」バス停下車、徒歩1分
・電話番号:0288-54-2496 (日光市観光協会日光支部)

8.戦場ヶ原

photo by nishikun

photo by nishikun

戦場ヶ原は奥日光に広がる広大な湿原です。遊歩道が整備され一年中ハイキングを楽しむことができます。300種類を超える四季折々の植物や野鳥によって一年中違った顔を見せてくれます。

秋には湿原の草が赤くなる「草紅葉」を見ることができます。草紅葉に覆われた湿原と、それを囲む紅葉は見事です!

■基本情報
・名称:戦場ヶ原
・住所:栃木県日光市中宮祠
・アクセス:JR・東武日光駅から東武バス湯元温泉行き乗車50分、「三本松」バス停下車徒歩1分
・電話番号:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)

9.湯ノ湖


戦場ヶ原の奥に位置し、山に囲まれた湯ノ湖。一周辺り3キロほどの遊歩道が整備されており、紅葉の時期はお散歩感覚で紅葉を楽しんで歩くことが出来ます。

日光湯元温泉もあり、温泉につかりながら美しい紅葉を見られることもおすすめポイントです。

紅葉自体も美しいですが、湖に映り込む紅葉がまた格別です!

■ 基本情報
・名称:湯ノ湖
・住所:栃木県日光市湯元
・アクセス:JR・東武日光駅から車で約30分

10.瀬戸合峡

photo by annko

photo by annko

瀬戸合は鬼怒川の上流に位置する峡で、深度100mにも及ぶ断崖絶壁が2キロに渡って広がっています。

川俣ダム正面の岸壁に掛けられた長さ75mの吊橋「渡らっしゃい吊橋」は断崖やそれを囲む大自然など、絶景を楽しむことができます。

特に紅葉シーズンの眺めの良さは評判で「とちぎの景勝100選」にも選ばれています。

■基本情報
・名称:瀬戸合峡
・住所:栃木県日光市川俣
・アクセス:東武鬼怒川温泉駅から市営バス「女夫渕」行き1時間15分「川俣平家塚」下車徒歩10分
・吊橋通行可能時間:9:00〜16:00(渡らっしゃい吊橋・遊歩道、入場は~15:00)

11.神橋


先にご紹介した日光東照宮や日光二荒山神社など日光の寺社群の入り口に位置し、大谷川にかかるのが神橋(しんきょう)です。国の重要文化財であり、世界遺産にも登録されています。

奈良時代に日光山を開いた勝道上人が大谷川の急流に阻まれた際、神仏に祈ると山菅が生えて橋になったという伝説が残っています。

紅葉の時期は朱塗りの橋の周辺に紅葉が彩られ、美しい光景を見ることが出来ます。川のせせらぎにとても癒されるポイントですので、ぜひぜひ深呼吸してみてくださいね!

■基本情報
・名称:神橋
・住所:栃木県日光市上鉢石町
・アクセス:JR日光駅・東武日光駅より徒歩20分
・電話番号:0288-54-0535 (日光二荒山神社)

12.霧降ノ滝

photo by まちゃー

photo by まちゃー

華厳の滝などとともに日光三名瀑(さんめいばく)として知られる霧降ノ滝。滝が落ちるまでの間に水が飛び散り、霧のように見えることからその名がつけられた滝です。高さ75mの名瀑はかつて葛飾北斎も描いたことがあります。

滝の正面に観瀑台があり、秋には周囲を紅葉で彩られた美しい滝を見ることが出来ます。

■基本情報
・名称:霧降ノ滝
・住所:栃木県日光市所野
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス「霧降高原・大笹牧場」行きで10分、霧降滝入口バス停下車。観瀑台までおよそ徒歩15分

13.龍王峡

photo by kurosuke

photo by kurosuke

龍王峡は鬼怒川随一の景勝地として知られています。川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3キロに渡り、龍が暴れたかのような荒々しくも美しい渓谷が広がっています。2200万年前に火山の爆発によって発生した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような形になりました。

巨岩や奇岩、鬼怒川の清流が圧巻の風景を演出し、特に周囲を紅葉が彩る10月下旬頃は絶景です!

■基本情報
・名称:龍王峡
・住所:栃木県日光市藤原1357
・アクセス:日光宇都宮道路今市ICより約19km

14.中禅寺湖

photo by Yoshi

photo by Yoshi

標高1269mの場所にある中禅寺湖は、男体山の麓に広がりる周囲25km・最大深度163mの湖です。こちらでは遊覧船やスワンボートで湖上を散歩することができちゃうんです♪

紅葉をながめながら湖面に映る紅葉も楽しめるなんてとってもすてき!のんびり楽しみたい方にはぴったりですね♪

■ 基本情報
・名称:中禅寺湖
・住所:栃木県日光市中宮祠
・アクセス:東武バス・中禅寺温泉下車、徒歩5分
・電話:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)

15.中禅寺湖のカヌー体験でピクニック気分♪

遊覧船やスワンボートでは物足りない!もっと中禅寺湖を楽しみたい!という方にはカヌーがおすすめ。四季折々の自然に囲まれながら思うままにボードを漕いで、カヌーツーリングを楽しみましょう!

中禅寺湖の青く澄みきった湖に浮かびながら男体山の絶景が望めるので、のんびりカヌーを楽しむにはぴったりです♪

■基本情報
・名称:栃木カヤックセンター/鬼怒川ラフティングセンター/日光・那須アウトドアセンター 中禅寺湖カヌーツアー
・コース名:中禅寺湖カヌーピクニック 半日コース(※一日コースは現在サービスを休止中)
・所要時間:約2時間30分
・対象年齢:小学1年生以上(※小学1~3年生までは2人乗りで保護者の方と同乗)
・集合時間:10:30/13:30
・集合場所:栃木県日光市中宮祠2482 中禅寺金谷ホテル・駐車場
・開催期間:5月GW~11月初旬まで
・料金:6500円~

日光で味わうご当地グルメ♪

お昼は湯葉そば #湯葉 #そば #きしの #日光東照宮 #日光 #お茶 #lunch #Japan #栃木県

Minami Tanakaさん(@mu3um)が投稿した写真 –

日光の名物・湯葉を使用した湯葉蕎麦や、湯葉定食が人気の「きしの」。日光東照宮・日光二荒山神社・日光山輪王寺のある山内地区のほぼ中央に位置しているので、参拝や観光した後に立ち寄るのにとっても便利♪

明治時代初期にお店を構えてから現在に至るまで、変わらず今の場所で営業を続けており、当時から社寺に参詣する人たちを見守り続けてくれています。

すぐ隣には売店もあるので、お土産を買いながら待ち時間を利用するのもいいですね。

■基本情報
・名称:きしの
・住所:栃木県日光市山内2281-3
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス乗車10分「総合会館前」下車徒歩8分、または「表参道前」下車徒歩3分
・営業時間:(4月~10月)9:00~17:00、(11月~3月)9:00~16:00
・定休日:不定休
・電話番号:0288-54-0974

最後に

いかがでしたでしょうか?

秋の彩りをたっぷり楽しめる日光♪最近ではパワースポットとしても注目されていますよね。観光や温泉の後は森林浴をたっぷり楽しんで良いエネルギーを思いっきりチャージしてきてください!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では日光で楽しめるレジャーをたくさん紹介しています。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

(編集部注*2015年10月17日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

sayakahane

HANESayaka

旅行と海が大好きです。子供と一緒に楽しめるアウトドアに興味があります!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび