初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.11.26

那須は話題作りにピッタリの観光地!今が旬のテーマ別にまとめてみました!

今や那須などの観光地に行った際の楽しみの一つにもなっている、SNSに旅の様子を掲載すること。友達に”いいね!”と言ってもらえるよう、素敵な体験をたくさんしたいものです。そんなアナタにピッタリな話題性のある那須の観光スポットをご紹介いたします!
photo by Comrade Foot

photo by Comrade Foot

最近では旅行先などの情報をSNSで投稿して公開している方が増えていますが、やっぱり友達から反応があると嬉しいものです。

那須は有名な観光地なので旅行する際には行く場所に困ることはないはずですが、せっかくならSNSに上げた時に、みんなにウケがいいスポットへ出かけてみてはいかがでしょうか?!

今回はそんな投稿好きの皆様にオススメの、旬なテーマ別に観光スポットをご紹介いたします!

動物

やっぱり、動物の動画や画像はほっこり和めるので好感を持っている方が多い様子。特に女子からは「カワイイ~!」なんてコメントをもらいやすいかも?!

那須アルパカ牧場

那須アルパカ牧場は、その名の通り11万平方メートルの広大な敷地で約400頭ものアルパカをメインに飼育している牧場。

アルパカと言えば、あのモフモフとした毛に愛らしい表情でCMに取り上げられ、今でも若い女性を中心に根強い人気の動物です。

日本初のアルパカ牧場を目指し、本来アルパカが生息するアンデスの高地に似た地形で、かつお客さんの訪れやすい関東圏でと探した結果、夏も涼しい那須高原がピッタリだったそう。

那須岳山麓の澄んだ空気の中、のびのびと暮らすアルパカたちとふれあったりお散歩も可能です。是非会いに行ってみてください!

■ 基本情報
・名称:那須アルパカ牧場
・住所:〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島1083
・アクセス:JR新白河駅下車→レンタカーまたはタクシーで約15km/東北自動車道 白河インター出口→国道4号線に入り那須方向へ直進→稗返信号を右折→県道68号線を約5km進み一つ目の大島信号を右折→約3km直進
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:木曜日(木曜日が祝祭日の場合は営業)、年末年始
・電話番号:0287-77-1197
・料金: 大人800円 中高生600円 子供(5才以上)400円

那須どうぶつ王国

バードパフォーマンスショーにはこんな鳥も登場します#那須どうぶつ王国 #バードパフォーマンスショー #ヒメコンドル

Posted by 那須どうぶつ王国 on 2015年11月7日

ご存知の無い方は、なぜ”那須どうぶつ王国”なのかと思う方もいらっしゃると思います。動物園でいいのではないのかと…

いいえ、ここは動物園ではなくやはり”王国”なのです!

王国内にいる生き物は癒し系のイヌやネコ、カピバラやレッサーパンダに始まり、フクロウなどの猛禽類、トカゲやカメなどの爬虫類…さらにはペンギンにアザラシ、オットセイまで!

まるで動物園と水族館を足したようなラインナップで、この場所だけで様々な生き物を見ることが出来ます。

こちらの人気の理由は、バラエティーに富んでいるというだけでなく、動物とお客さんの距離がとても近い事。

普通の動物園や水族館よりもお客さんと動物が触れ合うイベントが多く、変わった動物にエサをあげられる貴重な体験も!

アトラクションも豊富で、ダイナミックなドッグショーや珍しいネコのショーがあったりと土産話の話題には事欠きませんよ!

■ 基本情報
・名称:那須どうぶつ王国
・住所:〒329-3223 栃木県那須郡那須町大島1042-1
・アクセス:車で那須高原SAより15分、那須ICより30分、白河ICより15分
・電話番号:0287-77-1110
・料金:大人2,000円 こども(3歳~小学生)1,000円(※時期や入国の時間帯によって変わります)

アート

美しい造形の作品やデザインをSNSにアップすれば、見た人に感動が伝わります。素敵な画像にきっとコメントもたくさんもらえるはず!

藤城清治美術館

 

藤城清治の名前を知らなくても、この作品たちは誰しもが一度は目にしたことがあるはず!美しい光と色の貴重な影絵達を”藤城清治美術館”で拝見することが出来ます。

CGやデジタル絵画の技術が進んでいる反面、手作りの温もりを感じられるアナログな手法のアートが見直されてきている昨今。

いつの時代にも色褪せない、約200点もの美しいデザインの作品や資料が展示されているだけでなく、影絵劇を再現した回転舞台まであります。

さらには最先端技術・プロジェクションマッピングを使用した演出にきっと驚きと感動間違いなし!

藤城氏の年齢にあわせて91歳以上の方と栃木県民は入館料割引があったりとちょっと変わった料金設定がされています。 藤城氏デザインのステンドグラスを使用したチャペルは思わず写真に収めたくなってしまいそう!素敵な体験がたくさん出来る美術館です。

■ 基本情報
・名称:一般財団法人藤城清治美術館那須高原
・住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203
・アクセス:東野交通バス『那須湯本方面行き』、『那須ロープウェイ行き』一軒茶屋停留所降車 徒歩で約15~20分(約1キロ) (JR那須塩原駅より38分、JR黒磯駅より23分)/那須ICより約11キロ(広野地交差点から約6キロ)、黒磯板室ICより約20帰路(木綿畑・広野地交差点経由)
・営業時間:9時30分~19時30分(ご入館は18時30分まで) ※イルミネーション点灯期間の金・土曜日は閉館時間が異なります。(9時30分〜20時)
・定休日:毎週火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始休館(12月29日〜1月1日)※1月2日から開館
・電話番号:0287-74-2581
・料金:大人1,600円 中学生以下1,100円(栃木県民は大人1,300円、中学生以下800円) 91歳以上1,200円

那須ステンドグラス美術館

日本最大規模を誇るステンドグラスの美術館である”那須ステンドグラス美術館”。

展示されているステンドグラスの雰囲気を損ねないよう美術館はイギリスのコッツウォルズにあるマナーハウスをモチーフにデザインされており、雰囲気は抜群!

パイプオルガンとオルゴールの演奏会は毎日開催されており、音と光に彩られた芸術作品たちに思わず息をのんでしまいます。

本日のコンサートは、リコーダーとピアノです󾠓

Posted by 那須ステンドグラス美術館 on 2015年6月27日

■ 基本情報
・名称:那須ステンドグラス美術館
・住所:〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久丙1790
・アクセス:JR黒磯駅→りんどう湖経由那須ハイランド行きバスで約28分→「ステンドグラス美術館前」下車/東北自動車道那須ICより約10分
・営業時間:9:00~17:30(11月~3月は16:30まで)
・電話番号:0287-76-7111
・料金:大人1300円 中高生800円 小学生500円 幼児無料 シニア1000円 障がい者700円

温泉

日本人はやっぱり温泉が大好き!露天などの美しい風景や、「ここの温泉ここが良かったよ!」など口コミのような投稿は見る人に伝わりやすく、反応しやすい傾向にあります。

鹿の湯

鹿の湯は約1300年前に開湯されたといわれ、その昔、狩野三郎行広という男が山狩の際に射ち損ねた手負いの鹿を追って山奥に入ると、鹿が温泉に浸かって傷を癒していた所から付いた名とされています。

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の前半に立ち寄ったとされる貴重な鹿の湯は、大正時代に建造されたままの姿を今なお受け継いでおり、館内のレトロな雰囲気を味わえます。

こちらでは全国的にも珍しい”かぶり湯”という入浴方法を勧めており、湯船のそばに膝をついて頭を下げ、ひしゃくで後頭部から静かに繰り返しお湯をかけるというもの。

大人ならおよそ200回、子供は100回かけるといいそうで、のぼせや吐き気の防止、頭痛・肩こりにも効果があるそうです。

かなりストイックな入浴法ですが、貴重な入浴方法を体験できるチャンス!ぜひ挑戦してみて下さい。

■ 基本情報
・名称:那須温泉 鹿の湯
・住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本181
・アクセス:JR黒磯駅→バスで約35分→那須湯元温泉下車 徒歩約2分/那須I.C.から車で約15分
・営業時間:8:00~18:00(最終受付17:30)
・定休日:年中無休(設備改修のため、休日あり)
・電話番号:0287-76-3098
・料金:大人 土日祭日500円、平日400円 小人(小学生)300円 幼児無料

いかがでしたでしょうか?!今回ご紹介した観光スポットへ足を運べば、きっと誰かに話したくなるような楽しい体験が出来るはずですよ!

他に話したくなるような経験が出来る観光といえば、アウトドアのアクティビティ体験があります!

アクティビティの予約が出来るサイト「そとあそび」では那須で楽しめるアウトドアのツアーをご紹介しています。ぜひ挑戦して、その体験をSNSに投稿するのもいいかもしれませんよ!

【アクティビティの予約サイト「そとあそび」で那須のレジャーを早速チェックしてみる!】

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび