初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.4.27

鬼怒川観光に訪れたら味わいたいグルメ10選!

温泉や多くの観光スポットで人気の栃木県・鬼怒川エリアは名物グルメも充実♪地元で愛されているローカルフードから懐石料理まで、鬼怒川グルメを食べつくそう!

東京から車で2時間半ほど、電車でも東武鉄道1本で行けるアクセス良好の栃木県・鬼怒川は言わずと知れた人気観光地。

豊かな自然と日光山麓から流れる名水に恵まれた鬼怒川エリアはグルメも充実しています。

今回は鬼怒川観光とともに、ぜひ堪能したいイチ押しグルメをご紹介します。

観光スポット満載の鬼怒川

①リバーアクティビティのメッカ

栃木県を流れる鬼怒川は、関東近辺にありながら水の透明度は高く、ラフティングカヤックキャニオニングなどのリバーアクティビティが体験できるスポット。

比較的東京都心からも近いため、日帰りでも楽しめるのが魅力です。

例えば「NAOC(ナオック)鬼怒川キャ二オニングツアー」では、アクティビティーに精通したプロガイドが同行し、透き通った沢や滝で泳いだり、岩の上から飛込んだり、ウォータースライダーを楽しんだりと、まるでインディージョーンズのような遊び心あふれる探検ツアーを開催しています。

小学1年から参加できるのファミリーコースもあるので、家族で楽しむことができますよ。

■ 基本情報
・ツアー名称:小学1年〜OK!ファミリー・キャ二オニング 半日
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝871-2 NAOC(ナオック) 鬼怒川オフィス
・アクセス:東北自動車道「宇都宮IC」より約30分
・所要時間:約3時間
・料金:7,500円~

②子供から大人まで楽しめるテーマパーク

鬼怒川周辺には子供や大人も楽しめるテーマパークもたくさんあります。

その中の一つ、「日光江戸村」は、関所街道・宿場町・下町・武家屋敷街など江戸時代の豪壮華麗な建築群が奇想天外に演出されている大型レジャーランド。

忍者や町民の格好をしたスタッフのなりきり具合もピカイチで、本当に江戸時代にタイムスリップしたかのような体験ができます。

■ 基本情報
・名称:EDO WONDERLAND 日光江戸村
・住所:栃木県日光市柄倉470-2
・アクセス:鬼怒川温泉駅下車、路線バスで約15分、タクシ―で約10分
・営業時間:[3/20~11/30]9:00~17:00、[12/1~3/19]9:30~16:00
・定休日:毎週水曜日、12月8日~12月21日
・電話番号:0288-77-1777
・料金:大人4,100円~ ※詳しくはHPで確認

月曜お休みを頂きまして、1泊鬼怒川に来ております。 初・東武ワールドスクウェア。 ここ大人も子どもも楽しめて良いね~! ベルサイユ宮殿が大きすぎてびっくりでした。 . ちなみにお風呂と夕食を済ませたあと、旦那と交代で足つぼ行きました。 20分と40分のコースがありました。 私旦那に遠慮して20分のコースでしたが、旦那は何も言わずしれっと40分コースで帰宅。 . そういう男だとわかっていても、40分コース良い?って聞いてから行けよ!と思ってしまう…イライラ… みんなで旅行来てるのに時間もお金も勝手に自由に使ってもらっちゃイライラするわ(-_-) . 明日はまっすぐ帰宅して翌日からまた仕事がんばります。 . #2歳#2歳半#2歳6ヶ月#息子#旅行#1泊#鬼怒川#東武ワールドスクウェア#楽しい#歩き疲れた#足つぼ#マッサージ#旦那にイライラ #期待を裏切らない旦那#早く慣れたい#スルーじゃなくて無になりたい

haaamukoooさん(@haaamukooo)が投稿した写真 –

また、世界の有名な建築物・遺跡を25分の1の縮尺で再現したテーマパーク「東武ワールドスクエア」は、とにかくクオリティが高く見ていて楽しい!

子供はもちろん、大人も童心に返ります。

■ 基本情報
・名称:東武ワールドスクエア
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
・アクセス:宇都宮ICより20分
・営業時間:[3/20~11/30]9:00~17:00、[12/1~3/19]9:30~16:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0288-77-1055(予約センター)
・料金:大人2,500円、小人1,200円 ※詳しくはHPで確認

③関東有数の大型温泉地「鬼怒川温泉」

鬼怒川温泉初めて行って来た😊♨️#鬼怒川温泉#鬼怒川#日本#旅館#japan#hotspring#KinugawaOnsen#liver#beautiful#nature

Juri♥︎Nicholsさん(@jurichols1222)が投稿した写真 –

鬼怒川は関東平野を北から南へと流れ利根川に合流する一級河川で、利根川の支流の中で最も長い河川です。

上流部は火山地帯で川の色が深緑色で、流域には多くの温泉地があります。

中でも「鬼怒川温泉」は箱根や熱海と並んで“東京の奥座敷”とも呼ばれ、渓谷沿いは旅館やホテルが建ち並ぶ関東有数の大型温泉地として発展し、多くの観光客でにぎわっています。

photo by So

photo by So

お湯は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、春~夏は新緑、秋には燃えるような紅葉、冬には雪景色と、四季を通じて美しい景観が楽しめます。

【鬼怒川グルメ.1】ゆば

ゆばは大豆の加工品のひとつで、豆乳を煮たとき表面にできる薄い膜を引き上げたもの。

栃木の湯葉は幾重にも巻き上げボリュームがあって丸いのが特徴で、同じゆばでも平たい京都のゆばは「湯葉」、栃木は「湯波」と書きます。

美味しい「ゆば」がいただけるお店① れすとらん八家

鬼怒川温泉駅の目の前にあり、日光ならではのご当地メニューが楽しめる「れすとらん八家」。

こちらでは、栃木県産大豆のみを使用して作られる濃厚でとろけるような味わいの「ゆば」がいただけます。

中でもおすすめは、トロトロのあんかけ湯波が乗った「ゆば丼」!出汁が効いていて、ゆばの食感もクセになります。

■ 基本情報
・名称:れすとらん八家
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10
・アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩1分
・営業時間:9:00〜17:00(土・日・祝は9:00~17:30)
・定休日:不定休
・電話番号:0120-18-3922

美味しい「ゆば」がいただけるお店② ゆば亭 ますだや

東武日光駅から徒歩5分ところにある「ゆば亭 ますだや」は、「御用湯波所」の認可を受けた製造所でつくられた伝統のゆばを使った料理がいただけるお店です。

中でも、独特の食感の「引き上げゆばの刺身」は、シルクのような舌ざわりと大豆のふくよかな香りを一番感じることができる日光湯波を代表する逸品!

あらゆる調理法でゆばを味わい尽くせる手作りゆばはコース料理でも味わえるので、おすすめです。

また、1階からは手入れの行き届いた庭園を、2階からは雄大な日光の山々を眺めながら、贅沢な空間でゆっくり食事ができます。

■ 基本情報
・名称:ゆば亭 ますだや
・住所:栃木県日光市石屋町439-2
・アクセス:東武日光駅徒歩8分/JR日光駅徒歩10分
・営業時間:11:00~15:00(売切次第終了)
・定休日:木曜日 ※冬期不定休
・電話番号:0288-54-2151

【鬼怒川グルメ.2】「おおあみ」の温泉まんじゅう

鬼怒川名物、温泉まんじゅうをいただくなら「おおあみ」がおすすめ!

しっとりと柔らかな食感の皮の中には、北海道十勝産の最高級の小豆を中心に使用した甘さ控えめの“つぶし餡”がたっぷり♪

旅のお土産にもきっと喜ばれます。

■ 基本情報
・名称:まんじゅう処 おおあみ
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝543
・アクセス:東武鬼怒川温泉駅より徒歩15分
・営業時間:8:30~18:00
・定休日:水曜日(他に臨時休業有り)
・電話番号:0288-77-0133

【鬼怒川グルメ.3】蕎麦

全国有数のそばの生産地である栃木県。

豊かな自然と日光山麓からの名水と宿場町としての歴史が、“そば食文化”を発展させ、現在も数多くのそば処が軒を連ねています。

おすすめ蕎麦① 玄蕎麦河童(げんそばかっぱ)

厳選した国産玄蕎麦を自家製粉し、打ち粉、つなぎも国産を使った手打ちの十割蕎麦や二八蕎麦がいただける「玄蕎麦河童(げんそばかっぱ)」。

平日限定で、十割と二八が両方いただけるお得なメニューもあるので、食べ比べしてみるのも楽しいですね。

手作りのライトが可愛い。籐でできてるようです。

Ayumi Akaishi Kurodaさん(@ayumi_akaishi)が投稿した写真 –

店内はボサノバが流れ、お蕎麦屋さんらしからぬモダンな雰囲気。

入ってすぐの右手には蕎麦粉を挽く製粉室があり、蕎麦に対する並々ならぬこだわりを感じます。

■ 基本情報
・名称:玄蕎麦河童(げんそばかっぱ)
・住所:栃木県日光市瀬尾44-7
・アクセス:大谷向駅から398m
・営業時間:(月~水)11:30~15:00、(金土日祝)11:30~15:00/18:00~20:30L.O
・定休日:木曜
・電話番号:0288-25-8111

おすすめ蕎麦② 大黒屋

鬼怒川 露天風呂 蕎麦 そして竹俣 #鬼怒川 #露天風呂 #蕎麦

《かぐとぬりNushisa》《NUSHISAの台所》さん(@nushisa)が投稿した写真 –

PDT

木の温もりを感じる純和風な店内で本格手打ち蕎麦をいただける「大黒屋」は、地元の人にも愛される名店です。

のど越しつるつるでコシのある二八蕎麦と、化学調味料を一切使わないコクと甘みのある汁との相性はベストマッチ!

「大黒屋」では蕎麦はもちろんのこと、お塩でいただく揚げたての天ぷらも人気の逸品。

また、ボリュームがあってサクサクとした歯ごたえが魅力の「かき揚げそば」や、煮物・天ぷら・炊き込みご飯が付いた「大黒家定食」もおすすめです。

■ 基本情報
・名称:大黒屋
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原680
・アクセス:鬼怒川温泉駅から1,005m
・営業時間:(月~金)11:00~15:00、(土・日・祝)11:00~15:00、17:00~20:00
・定休日:水曜日
・電話番号:0288-76-1259

【鬼怒川グルメ.4】地元の旬の食材を活かした料理宿「きぬ川 不動瀧」

鬼怒川の渓谷沿いに佇む「きぬ川 不動瀧」は、地元農家から仕入れる新鮮野菜や、とろけるような味わいの「とちぎ和牛」や「イベリコ豚」などの厳選食材を使った懐石料理が自慢の料理宿。

また、懐石料理のように料理が順番に出てくる朝食も人気。

客室からは雄大な鬼怒川の渓流美を望めるので、せっかくなら泊まって評判の朝食も味わってみてはいかがでしょうか?

■ 基本情報
・名称:きぬ川 不動瀧
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原656-1
・アクセス:鬼怒川温泉駅下車、タクシーで3分
・営業時間:チェックイン15:00 /チェックアウト10:00
・電話番号:0288-76-2008

【鬼怒川グルメ.5】「坂文精肉店」のキャベツメンチコロッケ

地元の人のみならず、観光客にも人気の街のお肉屋さん「坂文精肉店」。

コロッケやメンチカツなどのお惣菜がリーズナブルでとっても美味しいと評判!

庶民的な佇まいながら、テレビ・雑誌などでも紹介されているほど有名なお店で、コロッケなどを買い求めるお客さんで車が何台も停まっていることが多いとか。

中でも名物と言われているのは、キャベツ入りメンチコロッケ!

揚げたてはもちろん、冷めても美味しくいただけ、一度食べたら忘れられない味です。

他にもたくさんの種類のコロッケが並び、どれもおすすめ♪気さくなご主人の人柄も相まって、お腹も心も満足できるお店です。

■ 基本情報
・名称:坂文精肉店
・住所:栃木県日光市藤原1238
・アクセス:川治湯元駅から徒歩20分くらい
・営業時間:10:30~18:30
・定休日:毎週木曜日
・電話番号:0288-78-0211

【鬼怒川グルメ.6】レモン牛乳

栃木といえばコレですよねー。 #レモン牛乳 #レモンうゆ #先週はバナナ

mizuhoさん(@miz617)が投稿した写真 –


栃木県民のソウルドリンク、通称「レモン牛乳」は、レモンの香りと黄色の着色料が入っていますが、レモン果汁は入っていないしレモンの味もしません。

テレビ番組で紹介され知名度が急上昇し、今や県民だけのレモン牛乳ではなくなりました。

まだ飲んだことない方は、ぜひとも地元・栃木で味わってみてください。

【鬼怒川グルメ.7】演歌より美味い!?ラーメン八海山の「たろう餃子」

ここ鬼怒川温泉でしか食べられない名物「たろう餃子」がいただける「ラーメン八海山」。

演歌歌手でもある地元では有名人のオーナー・鬼怒川太朗さんが心をこめて手作りしています。

ラーメン屋さんですが、この「たろう餃子」を目当てに東京から足を運ぶ人が多いのだとか。

駅から徒歩1分で温泉街からも近く、宿泊先からふらっと立ち寄ることもできますよ♪

■ 基本情報
・名称:ラーメン八海山
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1403-11
・アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩2分
・営業時間:11:00~15:00、18:00~翌2:00
・定休日:月曜日
・電話番号:0288-76-8500

【鬼怒川グルメ.8】鬼怒川温泉麦酒

とりあえず腹ごしらえ 食ったら温泉探す! #beer #鬼怒川

Youhei Katouさん(@youhei_katou)が投稿した写真 –

「鬼怒川温泉麦酒」はドイツの醸造都市ドルムンドで誕生したピルスナータイプのビールで、鬼怒川水系天然水を仕込み水に使用し、原料となる麦芽をふんだんに使用した、味わい深い地ビール。

発酵度を高めて辛口に仕上げられていて、麦芽の重厚な旨みとキリッとした苦味が特徴です。

温泉後の一杯はもちろんですが、地元のお料理と一緒にいただくのもおすすめです♪

【鬼怒川グルメ.9】水辺のカフェテラス

鬼怒川温泉駅から歩いて約5分、鬼怒川パークホテルズの向かいに建てられた自然を感じさせるオシャレなカフェ「水辺のカフェテラス」は、グルメはもちろん、景色や雰囲気を楽しみたい方にもおすすめです。

店名通りテラスの前には大きな池が広がり、ゆったりとした音楽が流れる憩いの空間。まるで水の上に浮かんでいるような錯覚をおぼえます。

1日10食限定カレー(ノ≧∀≦)ノ

あゆぴさん(@ayumix27)が投稿した写真 –

おすすめメニューは、1日10食限定の「特製和牛カレーライス」。

ペースト状にした野菜をルーに混ぜ混み、和牛と合わせたスパイシーな特製カレーは美味♪ かんぴょうのドレッシングがかかったサラダも美味しいです。

ランチメニューの他にデザートやドリンクの種類も充実しているので、休憩に立ち寄るのもいいですね。

■ 基本情報
・名称:水辺のカフェテラス
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409 鬼怒川パークホテルズ前
・アクセス:鬼怒川温泉駅から徒歩5分
・営業時間:10:00~14:30(L.O.)、ランチは~14:00(L.O.)
・定休日:月1日不定休(臨時休あり)
・電話番号:0288-77-1289

【鬼怒川グルメ.10】ギャラリーカフェ パントエ


鬼怒川温泉駅から徒歩4分、大きな窓から陽射しが差し込む明るい店内の「ギャラリーカフェ・パントエ」は焼きたてパンとコーヒーのお店。

外から店内がよく見え、初めてでも入りやすい雰囲気で、店内には見ているだけワクワクするような絵画やセレクトグッズがたくさん展示されていて、朝食やランチなど食事も楽しめます。

 

日光ブランドのHIMITSU豚で作った自家製チャーシューをたっぷりとはさんだ「HIMITSU豚チャーシューサンド」は臭みがなく柔らかで、シャキシャキのレタスとの相性も抜群!

ちなみに「HIMITSU豚」の名前の由来は、「日光(にっこう)」を音読みにして”ヒミツ=HIMITSU”からきているのだとか。

また、「ギャラリーカフェ パントエ」で自家製で一枚一枚手作りをしている「きぬのゆらすく」はおみやげとしても人気で、4種類の味があります。

甘さ控えめでサクサクの軽い食感はいくらでもいただけます。

■ 基本情報
・名称:ギャラリーカフェ パントエ
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1407-8
・アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩3分
・営業時間:8:30~17:00(LO16:30)
・定休日:水曜(祝の場合は翌日)
・電話番号:0288-25-7445

鬼怒川沿いには名物グルメが点在!

「鬼怒川 龍王峡」photo by FTomo

「鬼怒川 龍王峡」photo by FTomo

いかがでしたか?

ローカルフードから懐石料理まで、鬼怒川沿いにはこだわりのグルメがたくさん!

温泉や観光を楽しみながら鬼怒川グルメで心も体も満たしませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では日光・鬼怒川エリアのレジャーを多数ご紹介していますので、旅のプランの参考にしてみてください!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

usukaru

usukaru

自然と自由とカメを愛する千葉県民。冬は「ショートスキー」と「温泉」!夏は「キャンプ」に「バーベキュー」♪数年前から地元の夏祭りで出逢ったミドリガメを飼い始めて、すっかりカメの魅力にハマっております。いつか、ウミガメと一緒に泳ぐのが夢。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび