初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.6.7

四季折々の絶景が!青梅の花と自然の観光名所5選

東京都青梅市は、地名の由来となった金剛寺(こんごうじ)の老木「将門誓いの梅」で知られる梅の景勝地。梅にとどまらず、桜、ツツジ、アジサイと四季折々の美しい花々が見られる青梅の花の名所を5つ厳選してご紹介します!
Photo by xing419

Photo by xing419

東京都青梅市と言えば、地名の由来となった金剛寺(こんごうじ)の老木「将門誓いの梅」で知られる通り、梅の景勝地として有名です。

金剛寺や日向和田臨川庭園(ひなたわだりんせんていえん)の梅の絶景はもちろん、青梅市内では、梅にとどまらず桜、ツツジ、アジサイと四季折々の美しい花々や自然が見られます。今回は、そんな青梅の春夏秋冬の花の名所を5つ厳選してご紹介します!

1.金剛寺:梅の老木と樹齢約150年のしだれ桜は必見

photo by イシテツ

photo by イシテツ

JR青梅線・青梅駅より徒歩15分ほど。多摩川上流に程近い金剛寺の境内には、平将門伝説が残る「将門誓いの梅」が今も威風堂々と鎮座しています。

現在では東京都の天然記念物にも指定されているこの梅の実は、春を過ぎ秋になって熟しても、青々としたままだったことから、付近を”青梅”と呼ぶようになったとか。

photo by kon

photo by kon

梅の見頃は例年3月半ば頃ですが、4月上旬頃には境内にあるもう一つの名木、樹齢およそ150年というしだれ桜が高さ約20メートルから長く垂れ下がり、薄紅色の花を満開にする圧巻の光景も眺められます。

平安時代に創建された金剛寺は、多摩八十八ヶ所霊場の37番であり、「東国花の寺百ヶ寺」の一つにも選ばれています。近隣の梅岩寺のしだれ桜とは姉妹樹と伝えられていて、こちらも見ものです。

■基本情報
住所:東京都青梅市天ケ瀬町1032
開園時間:随時
休園日:無休
入園料:無料
アクセス:JR青梅線・青梅駅より徒歩約15分

2.日向和田臨川庭園:季節ごとに花々が咲き競う日本庭園

JR青梅線・宮ノ平駅から徒歩約5分の距離にある日向和田臨川庭園は、青梅の貴重な梅の名所の1つです。

明治-昭和期に活躍した青梅市出身の代議士、故津雲国利氏の遺族が寄贈した日本庭園で、現在青梅市が管理し、無料で開放しています。

多摩川の清流を望む情緒ある園内には茶室もあり、梅、しだれ桜の他、福寿草、ツツジ、モミジなどが植えられ、季節ごとに麗しい花々が咲き乱れます。約2857平方キロメートルの広さの園内は静まり返り、多摩川のせせらぎの音のみが聴こえる中、都会の喧騒を忘れて四季折々花や紅葉の絶景を堪能することができます。

■基本情報
住所:東京都青梅市日向和田2-271
開園時間:9:00~16:00
休園日:年末年始、月曜日(※祝日の場合は翌平日)
入園料:無料
アクセス:JR青梅線・宮ノ平駅より徒歩約5分、JR青梅駅より徒歩約30分

3.塩船観音寺:2万本のツツジが壮観な”ツツジまつり”の開催地

photo by kazukiatuko

photo by kazukiatuko

毎年4月中旬から5月上旬にかけてツツジまつりが行われている塩船観音寺(しおふねかんのんじ)は、飛鳥時代に若狭国の八百比丘尼(やおびくに)が開山したという古寺です。ツツジまつりの時期は、境内の斜面に15品種およそ2万本のツツジが咲き競い、大勢の観光客が訪れます。

こちらも金剛寺と同じく「東国花の寺百ヶ寺」の一つに選ばれており、茅葺きの仁王門や本堂などは国の重要文化財に指定されています。関東八十八ヶ所霊場の72番。

photo by 髙橋義雄

photo by 髙橋義雄

6月下旬頃が見頃となる参道の約800株ものアジサイも壮観で、7月下旬から8月中はヤマユリ、9月から10月にかけてはヒガンバナや秋の七草の一つであるハギなどの花が咲きこぼれます。

■基本情報
住所:東京都青梅市塩船194
開園時間:8:00~17:00
休園日:無休
入山料:中学生以上300円、小学生以下100円(※ツツジまつりの期間のみ)
アクセス:JR青梅線・河辺駅より西東京バス・都バスにて約10分、「塩船観音入口」バス停下車徒歩約10分、圏央道・青梅ICより車で約10分

4.釜の淵公園:多摩川のほとりを彩る桜や紅葉が見もの

photo by yoshi

photo by yoshi

釜の淵公園は、東西を挟む形で半島形に湾曲した多摩川の内側を利用して作られた自然公園です。

青梅駅からのアクセスも良く、多摩川河原でのバーベキューや川遊び、釣りはもちろん、木々や芝生広場など緑の多いエリアは自然散策にもぴったり。バーベキューだけじゃなく、お弁当を持ち寄って自然の中でゆっくり過ごすのもおすすめの公園です。

photo by リーボン

photo by リーボン

春には多摩川両岸に咲き誇る満開の桜が、秋には多摩川の自然風景と一体となった紅葉したメタセコイヤの木々が目を奪います。

■基本情報
住所:東京都青梅市大柳町1392
開園時間:8:30~17:00
休園日:無休
入園料:無料
アクセス:JR青梅線 青梅駅より徒歩15分

5.御岳山:アウトドアレジャーで四季満喫も◎

JR青梅線の御嶽駅(みたけえき)のすぐそばにある御岳山(みたけさん)、御岳渓谷は、紅葉の絶景が見られることなどでも話題を集めています。

ところでこの御岳山、実は山登りだけではなく川遊びも楽しめるスポットなんです!御岳山を多摩川沿いに出れば、ラフティングキャニオニングといった初心者向けアウトドア体験ツアーが多数開催されています。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、この他にも青梅の自然を全身で満喫できる様々なアウトドア・アクティビティのツアーの情報を掲載しております。

青梅には東京都心部から電車で60分程度。都会からこんなに近い場所に豊かな自然が残されているとは!あなたも青梅のアウトドア体験ツアーで、大自然の素晴らしさを体感してみませんか?

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuuko

Yuko.H

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび