初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.3.8

絶対押さえておくべき!沖縄のGWお出かけスポット10選

「今年のGWは沖縄で過ごしたい!」と考えている方に絶対に押さえていただきたい沖縄のおでかけスポットを10ヶ所ご紹介します!
photo by dreamsky

photo by dreamsky

「2016年のGW(ゴールデンウィーク)は沖縄で過ごしたい!」

テレビCMでも早くもGWのツアー紹介が始まっていますが、人気のスポットとなればやはり予約をとるのはだんだん難しくなってきます!

沖縄に行きたいけどまだ何をするか決めかねている方に、今回はGWに沖縄に行くなら絶対に押さえておくべきお出かけスポットを10ヶ所ご紹介します!(※最後にマップあり)

1.青の洞窟(恩納村)

photo by 鈴木雅博

photo by 鈴木雅博

恩納村・真栄田岬にある青の洞窟は日本屈指のダイビング・シュノーケリングスポットです。

太陽の光の反射で神秘的に青く輝くことから名付けられており、生息するサンゴや魚たちの種類の豊富さから、初めてダイビングを体験する方に持ってこいの環境となっています。

また沖縄観光の中間地点にあり、周辺の観光地と併せて楽しみやすいことからも、超人気のスポットとなっておりますので、早めにツアーを予約しておくことをおすすめします!

ツアーでは、体験ダイビングシュノーケリングのほかにシーカヤックSUP(スタンドアップパドルボード)などのアクティビティを一緒に楽しむことも!

■ 基本情報
・名称:青の洞窟
・住所:沖縄県恩納村真栄田469-1

2.沖縄美ら海水族館(本部)

photo by genki

photo by genki

沖縄を代表する人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」は、本部町・海洋博公園内にある世界最大級の水族館です。

美ら海水族館の魅力はなんといっても、そのスケールの大きさ!ジンベエザメやナンヨウマンタといった巨大な魚たちが悠々と泳ぐ姿や、沖縄の海を彩っている大規模なサンゴ礁、飼育が難しいとされている深海魚などなどその圧倒的な規模に感動すること間違い無し!

photo by yukidon

photo by yukidon

また、水族館周辺で行われるイルカショー「オキちゃん劇場」やイルカと触れ合える「イルカラグーン」、絶滅危惧種の生物を見ることができる「ウミガメ館」・「マナティー館」はなんと無料で楽しむことができます!(それも、とても無料とは思えないクオリティ!)

GW中は混雑が予想されるので、人がまだ少ない朝一番に行くのがおすすめ!

■ 基本情報
・名称:沖縄美ら海水族館
・住所:沖縄県国頭郡本部町石川424番地
・営業時間:8:30〜20:00(最終入館19:00)
・定休日:12月第一水曜日とその翌日
・電話番号:0980-48-3748
・料金:大人1850円/中人(高校生)1230円/小人(小・中学生)610円

周辺のおすすめレジャー

美ら海水族館から車でわずか10分以内の場所では、シュノーケリングダイビングパラセーリングを楽しめるツアーも開催されていますので、こちらも併せて楽しむのもおすすめです!

3.琉球村(恩納村)

Posted by 琉球村 on 2014年10月2日

琉球村は、昔ながらの沖縄の古民家や工芸体験、伝統舞踊などが楽しめるテーマパーク。

琉球村にある古民家は県内各地から移築されたものであり、2007年には国の登録有形文化財にも認定されるほど歴史的価値が高い建造物が多くあります。

photo by asante

photo by asante

この古民家では、シーサーの色付けや織物体験といった沖縄の伝統工芸や、お茶や沖縄のフルーツを使ったスイーツを楽しむことができます。

施設内では、エイサー演舞や道ジュネー(民謡・伝統芸能・エイサーショーのパレード)、ハブショーなどイベントやショーもありますよ!

■ 基本情報
・名称:琉球村
・住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
・営業時間:8:30〜17:30(最終受付17:00)/7月〜9月 9:00〜18:00(最終受付17:30)
・定休日:なし
・電話番号:098ー965ー1234
・料金:大人(16歳以上)1200円/小人(6〜15歳)600円

周辺おすすめレジャー

琉球村周辺では、サーフィンの体験ツアーやSUPマングローブカヤックを楽しめるツアーがあります。

2時間前後と短めのツアーばかりなので、予定にも合わせやすく、併せて楽しむのにはピッタリです!

4.那覇ハーリー

photo by masa

photo by masa

那覇ハーリーは、毎年GW(5月3日〜5日)に開催される県内屈指のビッグイベント!

ハーリーとは、爬龍船(はりゅうせん)という船体の先に竜頭、船尾に竜尾の装飾がつけられた船での競漕・祭りのことを指し、元は航海の安全や豊漁を祈願することを主旨としたもの。

photo by hagamera

photo by hagamera

那覇ハーリーでは、3つの地域の代表者40数名が競う本バーリー・御願(うがん)バーリーのほか、一般人同士や学校同士で競う各種ハーリー競漕や体験乗船、音楽・お笑いライブ、夜には花火などイベントが目白押し!

GWに沖縄に行くのであれば、絶対に体験しておきたいイベントですので、見たいもののスケジュールをおさえておきましょう!

■ 基本情報
・名称:那覇ハーリー
・開催地:沖縄県那覇市港町1丁目 那覇港新港ふ頭
・開催日時:例年5月3日〜5日 10:00〜21:00
御願・本バーリーは5日 16:00〜17:25
・電話番号:098-862-1442(那覇市観光協会)
・参加費:無料

5.おきなわワールド(南城)

photo by 007kyo

photo by 007kyo

おきなわワールドは沖縄の自然、文化、歴史を体験することができるテーマパークです。

首里城の城下町を彷彿させる風景は、築100年以上経た古民家を移築してできたものであり、登録有形文化財にも認定されており、琉球村と同じく、伝統芸能や工芸体験もできます。

ほかにも、世界唯一の「ハブ博物公園」やマンゴーやパパイヤといった果物を楽しめる「熱帯フルーツ園」などがありますが、イチオシは東洋で最も美しい鍾乳洞と呼び名の高い「玉泉洞」。

玉泉洞は30万年かけて自然の営みによって創り上げられた国内最大級の鍾乳洞であり、サンゴを主成分とした琉球石灰岩でできた美しい風景が広がります。

■ 基本情報
・名称:おきなわワールド
・住所:沖縄県南城市玉城字前川1336番地
・営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)
・定休日:なし
・電話番号:098-949-7421
・フリーパス料金:大人1650円/小人(4歳〜中学生)830円

周辺のおすすめレジャー

那覇から距離が近いため、那覇ハーリーや那覇港からのパラセーリングシュノーケリングツアーと一緒に楽しむのもおすすめです。

6.ビオスの丘(中部・うるま市)

photo by ko-yan

photo by ko-yan

ビオスの丘は沖縄北部(やんばる)のような、亜熱帯の自然を堪能できるテーマパーク。

施設内では、亜熱帯植物や花や子供が楽しめるアスレチック、カヌーSUPなどのアクティビティ、沖縄の伝統衣装やおもちゃ作り体験、水牛車などがあり、様々な楽しみ方ができます。

なかでもおすすめは、湖水観賞舟でのクルージング!約1kmの曲がりくねったジャングルを進みながら、湖畔に生息する植物や小動物について船頭が楽しくガイドしてくれます。

■ 基本情報
・名称:ビオスの丘
・住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
・営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)
・定休日:なし
・電話番号:098-965-3400
・入園料:大人900円/小人(4歳〜小学生)500円

7.ブルースカイ モーターパラグライダー(中城)

ブルースカイでは、沖縄の美しい海の上を遊覧飛行するモーターパラグライダーツアーを行っています。

上空200mから見る鮮やかな海、雄大なサンゴ礁、白砂が続く海岸線はまさに絶景!運が良ければマンタやウミガメを見れることも!

ベテランパイロットとのタンデム(二人乗り)フライトなので、特別な操作は必要なく、小さなお子様や初心者でも気軽に楽しむことができます。

■ 基本情報
・名称:ブルースカイ
・集合場所:中城村久場1943番地 中城モール北広場(風向きによって集合場所は変動)
・開始時間:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
・対象年齢:3歳〜
・料金:9000円〜

8.比謝川(嘉手納)

沖縄本島で最大の流域面積を持つ比謝川は、マングローブ林が広がっており、カヌー・カヤックの名所として知られている河川です。

マングローブ林には、シオマネキやトントンミー、カワセミなど様々な生物を見ることができ、ツアーに参加すれば、その神秘の生態をじっくり説明してくれます

ロマンチックなサンセット(夕暮れ)カヤックや、暗闇の中を漕ぎ進めていくナイトカヤックもできるので、夕方・夜に楽しんでみるのもおすすめ。

■ 基本情報
【イーズ】
・集合場所:沖縄県嘉手納町字水釜566−7 嘉手納漁港
・所要時間:約2時間30分
・対象年齢:小学1年生〜
・料金:5500円〜

【ブルーフィールド】
・集合場所:沖縄県嘉手納町水釜566-15-1F ブルーフィールド 嘉手納店
・所要時間:約2時間
・対象年齢:小学1年生〜(未就学児童は要ご相談)
・料金:5300〜

9.川平湾(石垣島)

photo by OKA

photo by OKA

川平湾は日本百景の1つであり、ミシュラングリーンガイドで3つ星にも認定された、石垣島を代表する景勝地です。

エメラルドグリーンに輝く海と白い砂浜、周辺に浮かぶ島々と行き交う遊覧船……この絶妙なバランスを保った風景は川平湾だからこそ味わえるもので、観光地化されてなお、見る者を感動させてくれます。

遊泳は禁止されているものの、底が透けて見えるグラスボートやSUPでのクルージングは楽しめるので、より間近に川平湾の美しさを感じたい方にはツアー参加がおすすめ!

■ 基本情報
・名称:川平湾
・住所:沖縄県石垣市 石垣島川平934

10.伊良部大橋(宮古島・伊良部島)

photo by noa195

photo by noa195

伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を結ぶ橋であり、2015年1月に開通とともにその美しすぎる景色から、すぐさま沖縄の新しい観光スポットとなりました。

無料で渡れる橋としては日本で一番長く、その距離は3540mにも及びます(「さんごのしま」と覚えられます)。

日本有数の美しさを誇る宮古島の海を360°見渡せる風景は、言葉にできないほどの絶景!歩きでも1時間弱で渡りきれるので、歩きや自転車でも良し、ドライブで楽しむのも良しです!

■ 基本情報
・名称:伊良部大橋
・住所:沖縄県宮古島市 平良
・料金:無料

いかがでしたでしょうか?

沖縄は魅力あるスポットが多すぎるので、スケジュールを立てるのも一苦労ですが、人気のスポットは早め早めに予約をとっておきましょう!

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」でも、5月連休・長期休暇にたのしめるアクティビティを数多く紹介していますので、是非こちらも旅のご参考にしてくださいね。

(編集部注*2016/03/18 「ビオスの丘」の項目の誤字変更)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

野阪 拓海

のさか たくみ

Outfitterエディター、ライター。大学一年生のころアウトドア・キャンプスタッフを経験し、自然と子どもの関わりに興味を持つようになる。 「そとあそび」のアクティビティを多く体験し、その魅力を伝えていきます。 Twitter Facebook ブログ

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび