初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.5.19

【北海道編】夏休みに行きたい注目のお出かけスポット10選

暑い夏、どこかへ出かけるなら涼しい場所へ‥‥とお考えの方、北海道はいかがですか?今回は感動間違いなしの絶景や子どもが喜ぶスポットなど、夏の北海道でおすすめのお出かけスポット10カ所をご紹介します。
photo by YsPhoto

photo by YsPhoto

暑い夏、どこかへ出かけるなら涼しい場所へ‥‥とお考えの方。本州にも避暑地は多数ありますが、広大な大地や海の幸をはじめとしたおいしい食べ物が堪能できる北海道は、夏休みの候補地から外せません!

夏休みに旅行を検討しているなら、ぜひ北海道を訪れてみませんか?

今回は感動間違いなしの絶景に触れられる名所や子どもが喜ぶスポットなど、北海道のおすすめお出かけスポットを10カ所まとめてみました。

1.神威岬

photo by mpv1988

photo by mpv1988

積丹半島北西部から日本海に突き出た岬神威(かむい)岬。千歳空港から車で約2〜3時間ほどで行くことのできる景勝地です。

駐車場に車を停め、両端に日本海が広がる細くて起伏のある遊歩道「チャレンカの小道」を歩いて行くと、約20〜30分ほどで岬の先端にたどり着きます。

そこから見える景色はまさに絶景!丸みを帯びた水平線に、“積丹ブルー”と呼ばれる深くて澄んだコバルトブルーの海が一望できます。

悲恋伝説のある神威岬と神威岩

photo by とと

「神威岩」 photo by とと

以前、神威岬は女人禁制でした。それには悲しい恋の伝説が関係しています。

その昔、奥州から逃れた源義経は日高の首長のもとに身を寄せていました。義経を慕う首長の娘チャレンカがこの岬まで義経を追ってくるも、義経一行はすでに出航したあと。チャレンカは悲しみに暮れ、海に身を投じました。

その姿がやがて神威岬の沖にある「神威岩」となり、また、チャレンカの怨念が女性を乗せた船を転覆させると信じられ、岬一帯が女人禁制となったそうです。

遊歩道の入り口に「女人禁制の門」がありますが、現在は女性も通行ができます。そんな悲恋の伝説を思いながら、断崖絶壁の神威岬先端に立つのも趣き深いもの‥‥‥。

夏には黄色い可憐な花「エゾカンゾウ」が見頃

photo by kinpouge

photo by kinpouge

夏の神威岬では、エゾカンゾウやエゾスカシユリ、ハマナスが見られます。積丹ブルーの青い海を背景に黄色い花が揺れる風景はまたすばらしいもの。

また、神威岬のある積丹町はおいしいウニが食べられることでも有名。うにの解禁期は6月〜8月末なので、神威岬を訪れたあとはぜひウニをいただきましょう!

■基本情報
・名称:神威岬
・住所:積丹郡積丹町大字神岬町
・アクセス:JR函館本線余市駅より北海道中央バスで「積丹神威岬」下車
・営業時間:8:00〜日没 ※ゲート開門時間は月で変動あり
・入場料:無料
※強風時は遊歩道のゲートが閉まるのでご注意ください

神威岬周辺で楽しめるレジャーは「シーカヤック」

“積丹ブルー”の海を堪能するならシーカヤックが断然おすすめ!高さ100mもある断崖が続くワイルドな景色を見ながら、積丹の美しい海の上をカヤックでクルージング。

クルージング途中では、義経伝説がある高さ10m、奥行き70〜80もの深い洞窟内をカヤックで探検!滝のあるビーチに上陸したり、海で泳いだりと楽しみがいっぱい。小学生から参加できるので、家族旅行でのアクティビティにぴったりです。

■基本情報
・名称:H2Oアドベンチャー 積丹シーカヤック
・集合場所:岩内郡岩内町字敷島内154-3 雷電温泉ホテル横の公共駐車場・雷電海岸駐車場
・対象年齢:1人乗りは小学校4年生~(※2人乗りの場合は、小学校1年~参加OK。それ以下は要相談)
・開催期間:5月~11月
・所要時間:2.5〜3時間
・料金:6,000円〜

2.支笏湖

photo by たか

photo by たか

千歳市にある支笏湖(しこつこ)は、約4.4万年前の大噴火によって形成された支笏カルデラに水が溜まってできたカルデラ湖です。湖水の美しさ、透明度の高さは日本屈指!

環境省による湖沼水質検査では何度も日本一に認定されています。平均水深226mという深い支笏湖の中を泳ぐのは、冷たくきれいな水の中でしか生きられない銀色の鱗を持ったチップ(ヒメマス)。

ヒメマスは臭みがなく旨味が豊かで、道内で人気の高級魚。支笏湖周辺のお店ではヒメマスを食すこともできます。

photo by YsPhoto

photo by YsPhoto

湖周辺はエゾマツ、ミズナラ、ウダイカンバなどの森林が囲み、近くにはオコタンペ湖や苔の洞門、美笛の滝などの観光スポットが点在しています。

時間があるなら温泉も楽しんでみませんか?支笏湖にある支笏湖温泉はとろりとしたお湯が特徴で、皮膚の表面をやわらかくして脂肪や分泌物を洗い流す効果があるのだとか。

■基本情報
・名称:支笏湖
・住所:千歳市支笏湖温泉
・アクセス:新千歳空港より道道16号を経由して約40分/新千歳空港より直通バスに乗り、支笏湖畔ターミナルまで約50分

支笏湖で楽しめるレジャーはカヌー!

透明度17〜20mを誇る支笏湖を、湖上から楽しめるカヌーツアーがあります。

支笏ガイドハウスかのあが開催している支笏湖カヌーツアーのコースは2種類。支笏湖の自然を満喫しながら、湖畔で手づくりのお菓子とお茶をいただく「Soto Cafe カヌーツアー」と、夏限定の「ファミリーカヌー」。

ファミリーツアーでは家族で一艇のカヌーに乗り、支笏湖から流れ出す千歳川源流部を散策します。水草の森とその中を泳ぐ魚の姿はなんとも幻想的。

ぜひカヌーツアーに参加して、湖上からの景色も楽しんでくださいね。

■基本情報
・名称:支笏ガイドハウスかのあ 支笏湖カヌーツアー(カナディアンカヌー)
・集合場所:千歳市支笏湖温泉番外地 かのあ事務所
・対象年齢:4歳以上
・開催期間:4月末〜10月末(ファミリーカヌーは7月19日~8月31日)
・所要時間:約1時間半〜
・料金:4,500円〜

3.洞爺湖

photo by うっちー

photo by うっちー

2008年に行われた第34回主要国首脳会議「北海道洞爺湖サミット」の開催地として一躍注目を浴びた洞爺湖(とうやこ)。洞爺カルデラ内にできた湖で、虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがっています。

ほぼ円形の湖の周辺には洞爺湖温泉、有珠山、昭和新山などがある道内有数の観光地で、洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に登録されています。

洞爺湖を訪れたなら、遊覧船に乗って湖の中央に浮かぶ中島に上陸するしてみませんか。中島にはたくさんのエゾシカが棲んでいて、散策途中で目にすることができますよ。

中島には洞爺湖森林博物館があるので、洞爺湖の自然や生き物に興味を持った方はぜひ見学してみましょう。軽食やお土産を販売する売店もあります。

4月から10月まで毎日上がる「洞爺湖ロングラン花火大会」にも注目!

時間に余裕がある方はぜひ洞爺湖で宿泊しませんか?4月末から10月末まで、洞爺湖では毎晩花火があがるんです!その名も「洞爺湖ロングラン花火大会」。

洞爺湖温泉街のどこからでもこの花火が見られるとか。温泉に浸かっていい気分で眺める花火‥‥最高ですね!

■基本情報
・名称:洞爺湖
・住所:虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉・有珠郡壮瞥町
・アクセス:道央自動車道千歳ICより虻田洞爺湖IC/JR札幌駅より道南バス「洞爺湖温泉」下車約2時間45分
【洞爺湖森林博物館】
・営業期間:4月下旬〜10月末
・営業時間:8:30〜16:30
・入館料:大人200円、小人100円

■基本情報
・名称:洞爺湖ロングラン花火大会
・主催:一般社団法人洞爺湖温泉観光協会
・開催期間:4月28日〜10月31日(平成28年度)
・打ち上げ時間:20:45から20分間
・問い合わせ:0142-75-2446

洞爺湖で楽しめるレジャー①「カヌー」

湖に山、緑豊かな森と風光明媚な洞爺湖を湖上から楽しめるカヌー。洞爺ガイドセンターでは、四季折々の洞爺湖が楽しめる季節に合わせたコースを開催しています。

夏開催のツアーは水遊び付き!泳いだり生き物を探したり。湖畔ではお菓子とお茶をいただくティータイムも用意されていますよ!

■基本情報
・名称:洞爺ガイドセンター 洞爺湖カヌーツアー
・集合場所:虻田郡洞爺湖町財田6番地 水辺の里財田キャンプ場
・対象年齢:4歳以上(未成年者は保護者同伴が必要)
・開催期間:4月下旬〜10月下旬(夏コースは7月1日〜8月31日)
・所要時間:約2時間
・料金:5,400円〜

洞爺湖で楽しめるレジャー②「乗馬」

世界的に珍しい洞爺の自然に触れながら馬とトレッキングを楽しめるツアーです。

馬場内で馬の扱い方を練習したら、いよいよ馬に乗って山登り!洞爺湖や有珠山が一望できる高台までトレッキングします。馬上から眺めるすばらしい風景‥‥ぜひ実際に見てくださいね!

通常は身長140cmから体験できますが、「ファミリートレッキングコース」なら身長140以下でもOK!スタッフが歩いてサポートしてくれるので、小さなお子さんでも体験できます。

■基本情報
・名称レイクトーヤランチ 北海道・洞爺湖ホーストレッキング
・集合場所:虻田郡洞爺湖町月浦44番地 レイクトーヤランチ
・対象年齢:身長140cm以上
・開催期間:通年(ただし、雪のふり始め雪解けによる移行休業あり)
・所要時間:約35分〜
・料金:4,860円〜

4.ファーム富田

photo by H・東洋

photo by H・東洋

北海道といえば、この風景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。空知郡中富良野町にあるファーム富田は、ラベンダーをはじめとした季節の花々を栽培している農園です。

1976年、日本国有鉄道のカレンダーにファーム富田のラベンダー畑の写真が掲載されて以降、有名になったといわれています。

約15haもの敷地に栽培されているラベンダー。花が色づくのは6月下旬で7月中旬頃に見頃を迎えます。

お花畑以外にも、ラベンダーのエッセンシャルオイルから作った香水などが販売される「香水の舎」、ドライフラワーのアレンジメントが購入できる「ドライフラワーの舎」、ラベンダーからエッセンシャルオイルを抽出する日本唯一の蒸留工場「蒸留の舎」など、花にまつわるさまざまな舎があります。

そして、女性や子どもが目がないもの‥‥、ソフトクリームにスイーツがいただけるショップも!

園内には飲食が提供されるショップが3カ所あり、ラベンダーエキスの入ったラベンダーソフトクリームやロールケーキ、プリンなどのスイーツに、カレーやハンバーガーなどの軽食もいただけます。

お花畑にうっとり、おいしい食べ物にうっとり‥‥。夢見心地な気分を味わえるスポットです。

■基本情報
・名称:ファーム富田
・住所:空知郡中富良野町基線北15号
・アクセス:JR富良野線・富良野駅、またはJR函館本線・旭川駅から「富良野・美瑛ノロッコ号」乗車、ラベンダー畑駅下車、徒歩7〜8分
(ノロッコ号運行期間:6月11日〜19日の土日、6月25日〜8月21日の毎日、8月27日〜9月25日の土日祝)
・営業時間:9:30〜17:00
・電話番号:0167-39-3939
・入場料:無料

5.北竜町ひまわりの里

photo by YsPhoto

photo by YsPhoto

旭川市の東、雨竜郡にある北竜町(ほくりゅうちょう)には、作付面積が日本最大規模といわれるひまわり畑があります。

その数、約150万本!東京ドーム約5個分の敷地に鮮やかな黄色のひまわりが咲き誇ります。開花時期は7月下旬から8月中旬ですが、ひまわりの里一帯が黄色に色づく光景が見られるのは8月上旬。

ひまわりの里は東向きの斜面にあるので、おすすめの観賞時間は晴れた日の午前中!太陽が降り注ぎ、一段とひまわりの黄色が輝きます。

ひまわり綺麗すぎる🌻🌻🌻 #北竜 #ひまわりの里 #かき氷食べた

Miyuさん(@miyuuuuuu11)が投稿した写真 –

毎年夏に開催されている「ひまわりまつり」、2016年は7/16(土)〜8/21(日)に開催されます。

ひまわりまつりでは、ひまわりの里を周遊する遊覧車「ひまわり号」が運行し、ひまわり畑の中をめぐる巨大迷路も出現(1人300円)!飲食店やお土産屋さんなどが立ち並ぶ休憩施設もあります。

小さなお子さん連れの方にはベビーカー、ご年配の方には車いすの無料貸し出しがありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

暑い夏に生き生きと咲くひまわり。その力強いエネルギーをもらって、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

■基本情報
・名称:北竜町ひまわりの里
・住所:雨竜郡北竜町板谷143-2
・アクセス:JR滝川駅・深川駅より路線バスに乗り「ひまわりの里北竜中学校前」下車/道央自動車道・滝川ICより約30km、深川留萌自動車道・沼田ICより約7km
・問い合わせ:0164-34-2082(ひまわり観光センター:ひまわりまつり開催中2016年は7/16〜8/21のみ連絡可)

6.旭山動物園

photo by Jo

photo by Jo

「行動展示」の動物園として一躍有名になり、今もなおその人気が衰えることのない旭山動物園。

人気の理由である「行動展示」とは動物のありのままの行動や生活が見えるような展示方法で、一般的な動物園は動物の姿形を見せる「形態展示」をしており、行動展示の動物園は世界的にも珍しいのだとか。

「伝えるのは、命」をテーマに運営している旭山動物園ならではの工夫と動物への愛情がたっぷりつまった展示、北海道を訪れるならぜひ見にいきましょう!

北海道1日目〜! 涼しくて過ごしやすい(❁´3`❁) ♡ 旭山動物園行ったり らーめん食べたり お寿司食べたり✩°。⋆⸜(ू。•ω•。) 幸せーーーしあわせーー フラーーーーンセ❤️笑 ライオン、、やる気なさすぎ笑 猛獣たちみんなこんな感じ笑 キリンちゃん、 ぺんぎん、が1番可愛かった! 美瑛の丘とかいったけど お花がなくて笑った(´pωq`) 調べるの不足してました← 明日いくら丼明日いくら丼 明日いくら丼明日いくら丼! 明日は札幌、小樽❤️ #北海道#旅行#旭川#旭山動物園 #ライオン#ペンギン #レッサーパンダ#キリン #ぐったり#やる気ない #火頭山 #らーめん #ラーメン村#幸せ #海鮮#うますぎ#明日も楽しみ 、

Yuuuuuuuu♡さん(@luv_nxk)が投稿した写真 –

8月のお盆期間には「夜の動物園・星まつり抽選券の配布」があり、21時まで開園時間を延長(2016年は8/9(火)〜15(月)に開催)!

飼育スタッフによるナイトウォッチング、あんどんの展示に屋台の出店もあり、普段は入れない夜の動物園を楽しみながら縁日気分も味わえます。

旭山動物園で人気の「ペンギンの散歩」は夏期には見られませんが、夏は動物たちが外に出ていることが多いので、のびのびと屋外で行動する姿が見られますよ。

動物たちにエサをあげる「もぐもぐタイム」や、ウサギ・モルモットにふれあえる「こども牧場」もチェックしてくださいね。

■基本情報
・名称:旭川市旭山動物園
・住所:旭川市東旭川町倉沼
・アクセス:JR旭川駅より路線バス「旭山動物園行」に乗車/道央自動車道・旭川北ICより道道37号線を旭川空港面に8kkm、動物園通より2km
・電話番号:0166-36-1104
・営業時間:[夏期開園4/29〜10/15]9:30〜17:15、[冬期開園11/11〜4/9]10:30〜15:30 ※2016年度の開園期間
・休園日:年末年始を除き、開園期間中の定休日はなし
・入園料:大人(高校生以上)500円、小人(中学生以上)無料

7.函館山の夜景

photo by Jackie.lck

photo by Jackie.lck

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星を獲得した函館山からの眺望。その夜景は、香港、ナポリとともに世界三大夜景のひとつに数えられるほど!

高さ344mの函館山山頂展望台から見下ろす角度がちょうどよく、市街地のきらめく光とその両側に見える漆黒の海とのコントラストが、より函館山の夜景を印象深いものにしています。

いつまでも見とれてしまうような美しい函館山の夜景の前では、誰もがロマンチックな気分を味わえるはず。恋人たちにはぜひおすすめしたいスポットです。

函館山へはロープウェイで!

photo by tn-photo

photo by tn-photo

山麓駅と山頂駅を3分で結ぶ函館山ロープウェイに乗って山頂にある展望台へ向かいます。ロープウェイから見下ろす動く夜景もまたすばらしいもの!

ロープウェイを利用しない場合は、函館山登山バスやタクシーで山頂へ向かうことができます。

■基本情報
・名称:函館山
・住所:函館市
・アクセス:JR函館駅より市電・函館駅前停留場より乗車、十字街停留場下車
・函館山ロープウェイ営業時間:[4/25〜10/15]10:00〜上り最終21:50、下り最終22:00、[10/16〜4/24]10:00〜上り最終20:50、下り最終21:00
・函館山ロープウェイ運賃:大人(中学生以上)往復1,280円、小人往復640円 ※2歳までの幼児は無料、3歳以上の未就学児は大人1名につき1名無料、2名からは小人扱い
・電話番号:0138-23-3105(函館山ロープウェイ)

8.雲海テラス

帯広から北へ車で約50分、勇払郡占冠村にあるリゾート施設「星野リゾート トマム」内にある雲海テラスは、“天国に一番近いカフェ”とも称される今注目のスポット。

ゴンドラに乗って13分、標高1088mのテラスに到着すると日高山脈を越えて流れ込むダイナミックな雲海に出会えます。

ただし、雲海は雲の量や風の強さなど条件がそろわないと見ることができない貴重な現象で、シーズン中に雲海が発生する確率は3〜5割といわれています。

星野リゾートの公式サイトでは、翌日の雲海の種類や発生確率の予報を発表しているので、事前にこちらをチェックしてから行きましょう。リゾナーレトマムに連泊して、雲海発生のチャンスを狙うのもおすすめ。

photo by kiki

「クラウドウォーク」photo by kiki

雲海テラスには展望台が5カ所ありそれぞれの眺めを楽しめるほか、自生する植物や動物との出会いを楽しめるよう遊歩道も設置されています。

さらに、2015年9月には歩いて楽しめる新デッキ「クラウドウォーク」が完成!山の斜面からせり出して宙に浮いたような形状のデッキで、雲の上を歩くような体験ができます。

雲海テラスから絵はがきを出そう!

「雲のゆうびん屋さん」には雲海テラスからの風景を載せた絵はがきが用意されていて、テラス内のポストに投函すると無料で世界各地に送ることができるサービスが!雲海を見たときの感動を絵はがきにしたため、大切な人に送ってみましょう。自分宛に送るのもいいですね!

カフェではコーヒーにスープ、軽食がいただけ、予約不要でその場で誰でも参加できる雲海ヨガも開催されているなど、雲海以外にも楽しみがいっぱいのスポットです。

■基本情報
・名称:雲海テラス(星野リゾート トマム)
・住所:勇払郡占冠村字中トマム
・アクセス:[帯広から]道東自動車道・トマムICより約5分
・営業期間:5/14〜10/17予定(2016年)
・営業時間:4:00〜8:00 ※9/1以降は4:30〜
・ゴンドラ運賃:大人2,200円、小学生1,300円、ペット(犬のみ)500円、未就学児無料
・電話番号:0167-58-1111

ニセコのラフティング

道央に属するニセコ町を流れる尻別川(しりべつがわ)。国土交通省による一級河川の水質調査において通算11回も水質ランキング日本一に選ばれたお墨付きの清流を舞台に、蝦夷富士と呼ばれる雄大な羊蹄山(ようていざん)を眺めながらラフティングが楽しめます!

夏に楽しむ尻別川のラフティングは、激しい瀬から穏やかな流れまで変化があり、飛び込みなどの水遊びも取り入れた楽しい内容。

北海道ライオンアドベンチャーが開催するツアーなら、6月から10月末までは小学生も参加可能!

羊蹄山などニセコの風景を堪能しながらの爽快なラフティング体験。北海道旅行一番の思い出になること間違いなし!

■基本情報
・名称:北海道ライオンアドベンチャー ニセコ・ラフティングツアー
・集合場所:虻田郡倶知安町豊岡256-1 『リバーベース』(※春コース開催時は、「ニセコベース」:虻田郡ニセコ町字中央通142-5)
・所要時間:約3時間30分
・対象年齢:中学生以上(6月〜10月末は小学生も参加OK)
・料金:4,860円〜

10.ニッカウヰスキー余市蒸留所

「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝氏が開設した余市蒸留所。小樽市内から車で約30分、JR余市駅からすぐのところにあります。

「竹鶴」「余市」などが醸造される広大な敷地には蒸留棟、発酵棟などウイスキーの製造行程ごとに分かれた棟が並ぶほか、ウイスキー博物館、ニッカウヰスキー製品や海産物加工品などが購入できるショップなどがあります。

なんと見学可能時間内であれば、出入りは自由。ガイド付きの見学も無料と、自由度の高い施設になっています。

Nikka whisky🍾🍸🍹🍷🍻🍺#whisky#japan#travel #happy #竹鸛21#yoichi #hokkaido#holiday

irischan64さん(@irischan64)が投稿した写真 –

余市蒸留所は、今では本場スコットランドでも珍しくなった「石炭直火蒸留法」で蒸留しています。適切な火力が保たれるよう石炭をくべ続けるには熟練の技が必要になりますが、この方式により重厚でコクのある余市モルトができあがるのだとか。

ウイスキー博物館の最後には有料の試飲コーナーがあります。シングルカスクは工場限定!ここでしか味わえません。無料試飲も2杯までできますよ。世界最高峰のウイスキーを味わう至福のひとときを楽しみましょう。

竹鶴と妻のリタが暮らした私邸の一部も見学できます。

■基本情報
・名称:ニッカウヰスキー 余市蒸留所
・住所:余市郡余市町黒川町7-6
・アクセス:JR小樽駅よりJR余市駅下車、徒歩約3分/小樽ICから道道17号、国道5号を経由し約30分
・見学時間:9:00〜17:00
・休業日:12/25〜1/7
・見学料金:無料
・電話番号:0135-23-3131

夏でも涼しい北海道で見て、遊んで、体験する旅!

photo by Yoshiki

photo by Yoshiki

広大な大地、それだけでも魅力的な北海道ですが、夏にはたくさんの花々が見頃となり、体験できるアクティビティの選択肢も豊富に!

短い北海道の夏は自然のエネルギーが満ちあふれ、きっと訪れる人の心を元気にしてくれるはず。

今回ご紹介した以外にもアウトドア・レジャーの予約サイト「そとあそび」では、北海道をはじめ全国の楽しいアクティビティをご紹介しています。ぜひ旅行を計画中の方はチェックしてくださいね。楽しみが増しますよ!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

chiharu

chiharu

360度山に囲まれた岐阜県高山市の出身。自然への畏怖を忘れずに、自然の中で遊び、暮らしていきたいです。子どもと一緒にいろんなアウトドアに挑戦したいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび