初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.12.9

富良野の観光スポット5選【冬】

北海道では冬になると雪が積もってしまうため、休業してしまう観光スポットもいくつかあります。しかし、冬だからこそ楽しめる場所もまたたくさんあるのです!今回は冬期に楽しめる、おすすめ観光スポット5選をご紹介いたします!
photo by Daizu

photo by Daizu

北海道の富良野の冬は、当然のことですが…とっても寒い!

でも寒い冬だからこそ楽しむのにピッタリの場所が富良野にはあるんです!今回は冬に行きたい素敵な観光スポットをいくつかご紹介いたします。

これを読めば、きっと今年の冬は富良野にお出かけしたくなりますよ!

1.富良野スキー場

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

冬といえばやっぱり外せないのが、スキー&スノボ!

北海道の雪質は良質で、毎年冬になると日本にとどまらず世界中からスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。もちろん、富良野スキー場の雪質も抜群!

丁寧に整備されたコースは滑りやすく、距離も長いので快適に楽しめると好評。リピーターの多い隠れた穴場のスキー場なんです!

あまり人口密度も高くなく、スピードを上げて滑る人も少ないとの事でのんびり悠々とスキーやスノボを楽しみたい方におすすめですよ。

■ 基本情報
・名称:富良野スキー場
・住所:〒076-8511 北海道富良野市中御料
・アクセス:R富良野駅から5km、タクシーで平常時10分(約¥1,700)/札幌から道央自動車道(札幌I.C.-三笠I.C.)・道道美唄富良野線(三笠I.C.-桂沢-富良野間)経由で114km(約2時間)
・営業時間:リフト営業時間 8:30~15:00(天候により変更の可能性あり)※ナイター営業は休止中
・電話番号:0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)

2.私設万華鏡学校 ふらび

富良野の美しい雪のイメージにピッタリな万華鏡の世界をちょっと覗いてみませんか?!

”ふらのやまべ美ゅーじあむ ふらび”から”私設万華鏡学校 ふらび”へ名前を変え、現在は閉校のため使用されていなかった、旧富良野市立山辺第一小学校の木造校舎で営業している万華鏡の博物館です。

木造のぬくもりとどこか懐かしさを感じる館内。”入学寄付金”を支払えば、所蔵されている様々な大きさ・形状の万華鏡を自由に覗くことができます。

静かな木造校舎の教室内で万華鏡の中の小さくも無限に広がる神秘的な世界を覗いていると子供の頃の記憶が蘇り、ノスタルジックな気分に浸れそうです!

冬期も営業しているそうですが、来場される際には電話での予約が必要になりますのでご注意ください。

■ 基本情報
・名称:私設万華鏡学校 ふらび(旧・ふらのやまべ美ゅーじあむ ふらび)
・住所:富良野市山部西14-2
・アクセス:JR富良野駅より8.6キロ、JR山部駅より4.5キロ
・営業時間:10:00~18:00(18:00以降と冬期は要予約)
・定休日:夏期無休(5月〜10月)
・電話番号:090-3775-1971(三井)
・料金(入学寄付金):大人800円 小人500円

3.クリスマスツリーの木

この時期にピッタリなビュースポットが富良野にはあります。それが”クリスマスツリーの木”!

名称そのままの、まさしくクリスマスツリー!というような木が、周辺に何もない丘の中腹にポツリと立っています。

花人街道237号から入って間もなく見えると言われていますが、特に案内や標識もないため、車で見に行く際は見逃さないように気を付けて走りましょう。見つけにくい分、突然視界に入ってきた時の感動はとても大きいですよ!

クリスマスツリーの木と言われていますのでモミの木かと思いきや、実は”トウヒの木”なのだそうです。

■ 基本情報
・名称:クリスマスツリーの木
・住所:〒071-0471 北海道富良野市美瑛美馬牛

4.Glass Forest in FURANO ふらの硝子

ガラス作りは様々な場所で体験することは可能ですが、”ふらの硝子”の創作体験は他とひと味違うと評判!

普通だと吹きガラスでコップなどを作成して終了というところですが、ふらの硝子ではとんぼ玉を作ったり、グラスやお皿に絵柄をつけることができるサンドブラスト体験などバリエーション豊か!

真夏の吹きガラス体験ですと汗だくになってしまうところですが、極寒の富良野の冬なら楽しく取り組むことができるのでオススメですよ!

館内では作品も販売しており、中でも人気なのが”しばれ硝子”と呼ばれる、独特の微細な”びひ”が光をキラキラと反射させる様が印象的なふらの工房オリジナルの作品。

富良野で見ることができる自然現象、ダイヤモンドダストをイメージして制作されているしばれ硝子の本当の美しさは使い込むほどに変化を続け、味わいを増していく所。その使用感にファンになるお客さんも少なくありません。

先週日曜日に放送された「おしゃれイズム」。ゲストは柳沢慎吾さんでしたが、添付のURLからYou Tubeでご覧いただけますので、2:56あたりから4:06あたりまでをご注目。柳沢慎吾さんが自宅でくつろぎながら、「オロナミンCの牛乳割り…

Posted by グラスフォレストin富良野(ふらの硝子) on 2015年3月12日

まさしく、冬の富良野のイメージにピッタリなガラスの作品たちをぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?!

■ 基本情報
・名称:Glass Forest in FURANO ふらの硝子
・住所:〒076-0161 北海道富良野市麓郷市街地3「拾ってきた家」 隣り
・営業時間:9:00~18:00
・電話番号:0167-39-9088

5.「北の国から」資料館

富良野といえば、1981年に放送が始まり大人気となったドラマ「北の国から」の舞台であったことはあまりにも有名。「北の国から」資料館では撮影に実際に使用されていた大道具や小道具、衣装など様々な資料が展示されています。

富良野には実際にロケで使用された、”五郎の石の家”などがあるのですが、雪の積もる冬期には観覧できない施設が多い中、この資料館でしたら年中無休なのでいつでも”北の国から”の世界に浸ることができます。

数々の奥深い展示品たちに、ファンの方はもちろんドラマを知らない世代の若い方も何か感じるものがあるはず。ぜひ立ち寄っていただきたい場所のひとつです。

2003年に作家・倉本聰氏のプロデュースによりリニューアルオープンしてからは毎年異なるテーマで資料が展示されるようになり、ファンの方が何度訪れても楽しめるよう工夫がなされています。

■ 基本情報
・名称:「北の国から」資料館
・住所:〒076-0026 北海道富良野市朝日町5-20
・アクセス:JR富良野駅より徒歩にて約3分
・営業時間:8:30~18:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0167-39-2800
・料金:大人500円 小学生300円

今回は一部だけのご紹介になりましたが、富良野には冬だからこそ楽しんでいただきたい観光スポットがまだまだたくさんあります!

特に冬の富良野は、自然の素晴らしさを体感できるアウトドアの遊びが充実!

アクティビティの予約ができるサイト「そとあそび」では富良野で体験できるアウトドアのツアーをご紹介しています。

今回ご紹介した観光スポットを楽しんだ後は、富良野の大自然の中で思いっきり遊びましょう!
【アウトドア・アクティビティの予約サイト「そとあそび」で早速富良野のツアーをチェックしてみる!】

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび